1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

憩室炎のため入院し、5月中に予定していた公演を急遽中止とすることが発表された。

玉置オフィシャルサイトの発表によると、玉置は4月下旬頃より突然の高熱と腹痛にみまわれ、精査したところ憩室炎と診断されたとのこと。現在は入院治療により快方に向かいつつあるという。

当面の療養のため、5月中に開催を予定していたシンフォニックコンサート「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT ~21st CENTURY RENAISSANCE~」の東京・Bunkamuraオーチャードホール公演および兵庫・兵庫県立芸術文化センター公演、5月24日に兵庫・横尾忠則現代美術館 オープンスタジオで行われる予定だったミニライブは開催中止に。6月以降の公演より活動が再開される予定だ。

【予告】「Koji Tamaki Live in HK 2015 玉置浩二香港演唱會」について(2015.11.25) 山下康介の作曲夜話 | ラジオNIKKEI  22:00~22:30 radionikkei.jp/yawa/

dot.玉置浩二×オーケストラ 香港の輝きの中に降り注ぐ祝祭の響きdot.続く「ロマン」では、オーケストラの響きに華麗に調和した玉置浩二の歌声に、香港の観客は早くも興奮状態に。そして、香港公演独自のオーケストラ作品、「夢のつづき… ift.tt/1OpQM8F

玉置浩二が新境地を開いたフルオーケストラとの饗宴が、大反響を呼び11月にいよいよ日本を飛び出し香港での公演を開催。それを受け12月には東京公演も再び決定した。

 玉置が「音楽の宿命的出会い」と謳い誕生したフルオーケストラコンサート。これまで全国主要都市で開催された公演は、安全地帯、玉置浩二それぞれの名曲が、オーケストラサウンドで生まれ変わり、その華麗でダイナミックなパフォーマンスは、瞬く間に反響を呼んだ。再演が望まれるなか、玉置浩二の新境地は、いよいよ海を越えて披露される事になった。香港でも絶大な人気を誇る彼だが、今回の壮大なパフォーマンスには現地ファンの期待もかなり大きいものだとか。今回は音楽界第一線で活躍するChiu Tsang Hei指揮、管弦楽Hong Kong City Pops Orchestraを迎え、現地が誇るスペシャリストとの饗宴にも注目が集まる。

1