1. まとめトップ

ぱよちん連鎖!新潟日報上越支社の坂本秀樹報道部長が暴言で炎上

弁護士に対して「クソ馬鹿ハゲ野郎」「こいつを自殺させるのが、当面の希望」──。新潟日報上越支社の坂本秀樹報道部長がツイッターの匿名アカウントを使ってさまざまな人にこうした罵詈雑言を浴びせかけていたことが、新潟市の高島章弁護士とのやりとりで明らかになった。

更新日: 2015年11月27日

2 お気に入り 14837 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ri-zさん

▼新潟日報「個人としての書き込みでも会社への届出を求め…指導していく方針(キリッ」

新潟県の地方紙「新潟日報」を発行する新潟日報社は27日、県弁護士会の高島章弁護士に対する暴言をツイッター上に投稿していた上越支社元部長の坂本秀樹氏(53)=25日付で部長を解職、経営管理本部付=を、無期限・無給の懲戒休職処分にすると発表した。

▼新潟日報社は坂本氏のツイッターへの書き込みを過去にさかのぼって調査

結果、平成23年3月ごろから匿名で投稿を始めており、25年ごろから人権侵害や差別につながるような内容を「著しく品位を欠いた表現で繰り返し投稿していた」ことを確認した。

調査に対し、坂本氏は投稿の大半を自らが行ったことを認めた上で「仕事のストレスなどがあり、酒を飲みながら投稿してしまった」と話しているという。

「坂本氏は投稿の大半を自らが行ったことを認めた上」で...?大半??

▼新潟日報社は坂本秀樹元上越支社報道部長(53)=25日付で同部長職を解き経営管理本部付=を懲戒休職(無給・無期限)処分とした

新潟日報社 上越支社の報道部長職という、報道機関の管理職がこうした極めて暴力的かつ下劣極まりない罵倒ツイートを繰り返していることに、「これ、本当にオッサンが書き込んだ文章か? DQNでもここまで酷くないぞ…」など、放言・暴言には比較的慣れているTwitterや2ちゃんねるユーザーでさえ戸惑いを見せています。

『対レイシスト行動集団(しばき隊)』のシンパとして、新潟水俣病弁護団の高島章弁護士(@BarlKarth)に対して暴言を繰り返していたハンドルネーム壇宿六氏(@sadmaz6)が、新潟県の地方紙・新潟日報の要職にある人物だったことが高島氏により明らかにされ、『Twitter』で謝罪をすることになった問題。

▼新潟日報上越支社の坂本秀樹元報道部長、全国紙面に登場!

元部長は2011(平成23)年3月ごろから社に届け出ることなく匿名で投稿を始めた。13年ごろからツイッター上での論争の中などで、人権侵害や差別につながるような内容を、著しく品位を欠いた表現で繰り返し投稿していた。

靖国テロの横を陣取る新潟日報上越支社の変態部長こと、坂本秀樹報道部長

▼テレビデビューまで果たす

【祝】暴言連発の新潟日報支部長、ついにTVデビューwww NHK(ローカル)に加え、民放ではフジが放送(キャプあり) honmotakeshi.com/archives/47007… pic.twitter.com/EynLBfPN4J

闇のキャンディーズがテレビに映されるも、非公開とされている画面。(※画像あり ツイートは証拠隠滅のため、新潟日報上越支社の坂本秀樹報道部長自身が自動削除ツールを活用して消去したとみられる)

☆新潟日報のセックル部長、暴言書き込み理由が「酒を飲み、職場のストレスから」と説明

それを止めに入った他のツイッターユーザーにも「くそじじい」「この低脳。はよ、死ね。」などと誹謗中傷を繰り返した。

▼問題の発言を行ったしばき隊構成員のツイッターアカウントは弁護士によって本人特定された

1 2 3 4 5