1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

年末ジャンボ…みんなの『10億当たったら?』妄想が面白い

2015年末ジャンボ宝くじの当選発表までもうしばらくありますが、買った人も買わない人も心が一つ、笑顔になれる、それが「もし10億円(1等)が当たったら?」妄想です。

更新日: 2015年11月25日

80 お気に入り 508446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■年末ジャンボ宝くじの発売日が決定した

年末ジャンボ宝くじが25日から全国で一斉に発売されています。

1等は7億円(27本)、1等前後賞1億5000万円(54本)、2等1000万円(540本)、3等100万円(5400本)、さらに今年加わった「発売70周年記念賞」が70万円(1万800本)という。

今年は1等が前後賞合わせて10億円と史上最高額の賞金とあって、売り場には多くの客が詰めかけました。

■こんな夢のある宝くじが過去にあっただろうか

今年は1等(27本)の賞金が7億円に引き上げられ、前後賞(各1億5000万円)を合わせた総額は宝くじ史上最高になった。

東京・銀座の西銀座チャンスセンターには、高額当選を夢見て、およそ1400人が列を作りました。

東京都心は朝から気温が下がり、ダウンジャケットやマフラー姿の人も目立った。

ジャンボ宝くじを求める行列が、西銀座チャンスセンターから阪急横のバス停数寄屋橋前まで伸びている!めっちゃ長い!!最後尾の看板を持つおじさんにお願いして撮らせてもらいました。 pic.twitter.com/JBxnX1FWXV

なかには4日前から並んでいた人もいたということで、販売が始まると次々と買い求めていました。

静岡県から仕事で上京しているという32歳の会社員の女性は、「この売り場はよく当選すると聞いて初めて買いに来ました。家族旅行に行きたいので少しでもいいから当選してほしい」と話していました。

■みんな笑顔なんですね

「当たったらカナダまでオーロラを見に行きたい。残りは貯金して老後に備えます」と笑顔で話した。

友人と都内を旅行中で、130枚を購入したという新潟県長岡市の会社員本田このみさん(28)

「年末ジャンボは毎年の楽しみ。10億円が当たる、というのはちょっと想像できませんね」と笑顔で話した。

神戸市北区のレストラン経営の男性(74)。笑顔ということは想像してるんじゃないの?きっと。

「当たったら別荘を建てたり、小型の飛行機を買ったりしたい」と笑顔で話した。

開始1時間前から並んだ東京都大島町の自営業の男性(56)

■買った人もそうでない人もする「もし当たったら?」妄想

▼妄想に込めるいろんな願い

恒例ですが、宝くじが当たったらの妄想を始めます(結局買ってない)

もし10億当たったら燭へしの本は当然のごとく買いまくるし、何なら観賞用、布教用、実用用に3冊買うし、週末は全国に飛んでありとあらゆるイベントに参加するし、差し入れとかめっちゃ持っていく。やばい妄想するだけで幸せ

そう、幸せなんだよ。

宝くじが当たったら会社を辞めるくらいの妄想はさせてほしい

1億くらい宝くじ当たったらグラブルの闇キャラ全部+99にしてチカラアバレできるので宝くじ当たってください

宝くじ当たったら、整備道具を完備したシャッター付の車庫建てて、お気に入りのポンコツ車をゆっくり治すのを楽しみたい…

宝くじで7億当たったらななみさんの 住んでるマンションの利権買い取るわ

宝くじが当たったらジャニーズWESTを家に呼んで一緒にええじゃないか踊りたい

▼とにかくいろんなことがしたい。

1 2 3