1. まとめトップ
0 お気に入り 739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sugerunさん

債務整理を考えるタイミング

債務整理はできるだけ早く考えるべきでしょう。
タイミングは早ければ早いほうが良いのです。 まじめな人ほど「もう少しがんばってみよう」と考えるようですが、 利息が利息を生むような状態になると、どれだけがんばっても借金が減るわけではありません。 がんばっても借金は増えるばかりなのです。

毎月の返済総額が、給料の4分の1ぐらいある。

利息だけを返すだけで、一向に元本が減らない。

上記のような方は要注意です!

債務整理手続きまでの流れをcheck!

債務茎理の相談について、よくある流れは以下のとおりです。
※ただ借金の状態によって解決方法が違いがあり手続きの流れもそれによって変わってきます。

面談の日程決め

メール・電話などで、概要をヒアリングやシミュレーション。
(把握している債権者数、残債務額など)
その上で、面談の日程を決めます。

面談

現在の生活状況・お仕事状況、月の返済額、返済に遅れはあるか、今までの借入の経緯などヒアリ ング。

信入に関する資料 (力ード、契約言、郵便物、返済領収言など)で手元にあるものすべてを持参。

介入通知癸送、債務調查開始、返済STOP

各債権者へ、介入通知発送・債務調査開始・返済STOP

※債権者からの支払催促が止まる

正確な債務額の把握・過払い金返還請求

各債権者から出された取引履歴を、利息制限法所定の利率に引き直し計算し、正確な債務額を把握。
過払い金が発生しているときは、返達請求(任意交渉・訴訟) をします。

残債務額の確定・方針決め

残債務額が確定したところで、現在の家計・生活状況を勘案し、方針を決めます。
1、任意整理で分割支払い
2、個人再生
3、個人破產

各手続きの終結

相談するときの注意点

借入件数が2件以上である

基本1件でもご相談に乗ってくれますが、なかには1件のみだと対応が難しケースもあるようです。

費用が明確であること

曖昧に相談してしまうと後々トラブルの元になることもあります。

借金の内容を隠さずにすべて話す

話しておかないと隠してしまった借金額が膨らんだりして、また借金整理をしなければならない。

借金をした理由についてもすべて話す

ギャンブルや買い物などの浪費など理由の借金も免責になる場合がありますので、きちんと信金をした理由も話しておきましょう。

以下のサイトで相談所や法律事務所を検索できますよ!

回答しやすい無料診断シュミレーター
入力項目から最適な相談所、法律事務所を選定

匿名でOK

1