1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■今さら旧ライブドア株主が訴訟を起こしてきた!

ライブドア(解散)事件で株価が暴落して損害を受けたとして、元株主の男性が、堀江貴文元社長(43)ら当時の幹部8人に計約1億7000万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(倉地真寿美裁判長)は25日、堀江氏ら4人に計7800万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

判決によると、男性は2005年12月~06年1月、25万株を約1億8200万円で購入。その後東京地検特捜部の強制捜査を受け同社株価は急落し、男性は全株を約2800万円で売却した。

判決は、同社の当時の関連会社が架空売り上げを計上し、虚偽の業績を公表したと認定。堀江氏らについて「虚偽の認識があり、取締役としての任務を怠った」と判断した。

でもこれ、実はもう終結を迎えたように思われていたが

旧ライブドアの粉飾決算事件を巡っては、株主ら3300人余りが旧経営陣やライブドアから名前を変えたLDHに賠償を求めた集団訴訟を起こし、3年前に終結しています。

これに堀江貴文氏本人は

不服なので粛々と控訴しますよん RT @ras_dream: @takapon_jp 裁判で9000万支払い命令でてますが感想お願いします。

堀江 貴文(SNS K.K Founder):この件に関して言いたいことは一つだけ。なんで証券取引法の時効後に役員(民法上の不正行為)だけをターゲットにして訴訟してきたのかという事だ。証券取引法の時効のタイミングで株主と会社からの訴訟を包括和解して資産の99%以上に及ぶ208億円を差し出して和解した。なのにその後も訴訟の波状攻撃が続いた。そのタイミングで和解しとけばキャッシュリッチな会社からスムーズに金を引き出せたのに、和解で資産のほとんどを失った役員個人からお金を取り戻すのはかなり困難。完全にお金目的というより怨恨訴訟と言わざるを得ない。まあ裁判というのはそういうものだと言われればその通りなんだけれども。

ホリエモンを応援する声が多数!

堀 義人(グロービス経営大学院学長):堀江さんには、控訴して徹底的に戦ってほしい。こんな理不尽な判決がまかり通ったら、経営者は怖くて経営できない。「過失」の判断は難しい。「悪意」はどうやって判断するのだろうか?
カネボウ、オリンパス、東芝などもっと悪質な会社がたくさんある。どうしてベンチャーにだけにこんなに厳しいのか?日本の司法の健全さを信じたい。
堀江さんを応援します。

朝倉 祐介(前ミクシィ社長):堀江さんは刑事訴訟に関しては徹底抗戦なさる一方で、民事訴訟については架空取引を認識していなかった責任をとり、旧ライブドアに対して208億円の資産を譲渡してらっしゃいます。
経営者としてこの態度は、非常に筋が通っていると私は思います。

柴沼 俊一(シグマクシス マネージングディレクター):おいおい、いい加減にしてくれよ。悪意や重大な過失があったって、今更判決出すの?だったら、もっと悪意や重大な過失がある会社あるでしょ。そちらの経営陣にも判決を出してみてください。

ちなみに村上世彰元代表の強制調査に関しては

村上世彰元代表に相場操縦の疑い 強制調査

通産省出身の村上元代表は「もの言う株主」として知られていましたが、平成16年に旧ライブドアの堀江貴文元社長などからニッポン放送の株を大量に買う計画を聞いて株を買い集めたとしてインサイダー取引の罪に問われ、4年前、執行猶予のついた有罪判決が確定しています。

あーあ、またやられちゃいましたね。。。 / 村上世彰元代表に相場操縦の疑い 強制調査  npx.me/uRf7/HnJB #NewsPicks

どっちでもないよ RT @kaich1229: @takapon_jp 堀江さんの感想は「残念」ですか? 『ざまぁみろ』でしょうか?

1