1. まとめトップ

約二ヶ月前にこういうのがありましたが...

今回の報道

植村氏は「韓国で教えるほか、国内で名誉毀損訴訟を起こしており、時間的な制約から非常勤講師を続けられないと考えた」と説明。同席した北星学園大の田村信一学長は「植村氏の雇用について(大学側から雇用を打ち切るといった)学内手続き、決定は何もしていない」と話した。

植村氏が19日、韓国への赴任と、来年度は北星学園大で仕事ができないことを田村学長に報告した。学長は「雇用継続について悩んだのは事実。今後も特別講義などで尽力をお願いしたいと思っている」と話した。

植村氏が十九日、韓国への赴任と、来年度は北星学園大で仕事ができないことを田村学長に報告した。学長は、植村氏をめぐり大学に脅迫電話や抗議文が届いたことに触れ、「日本の大学への挑戦で、屈することはできないと思ってきた。この経験を総括して広く社会に問いたい」と話した。

 植村氏は会見で「卑劣な攻撃に耐え、これまで雇用を守ってくれた大学には感謝している。『捏造(ねつぞう)記者』というでっち上げに対する闘いは、言論と法廷の場で続く」と語った。韓国カトリック大学校は北星学園大と留学生交換の提携を結んでおり、植村氏は週に一~二回、「日韓交流の歴史」の講義を行う。任期は一年。

来年度については、警備費の負担増などから雇用打ち切りを検討していた。

 記者会見に同席した植村氏は「新たな一歩を踏み出すことができたのは、北星学園大が一緒に戦い、多くの人が支援してくれたおかげ」と感謝を述べつつ、「今後もバッシングに対し、言論、法廷の場で闘いたい」と強調した。

 田村学長は「脅迫に簡単に屈しないという思いでやってきた。広くこの経験を伝えたい」と話した。

関根和弘朝日新聞北海道報道センター記者による記者会見詳細ツイート

「元朝日新聞記者で北星学園大の植村隆氏が韓国のカトリック大客員教授に就任へ/記者会見で経緯など語る」をトゥギャりました。 togetter.com/li/905265

ツイッター

植村隆さん、北星学園大学を退職し韓国カトリック大に。この結果、ご本人にとってどうかが一番重要だが、それ別に「韓国に追い出せた」などと馬鹿騒ぎする人々が必ずいるのだろうなと、そこは憂鬱。『元朝日記者:韓国の北星学園大提携校に来春赴任』mainichi.jp/select/news/20…

植村さん、韓国カトリック大では週に1~2回「日韓交流の歴史」をテーマに講義を担当されるとか。これから裁判が本格化して札幌、東京を頻繁に行き来することもあり、北星での非常講師との兼任は物理的にも不可能とのこと。北星学長との記者会見の中で詳しい話が聞けるだろう。 @tabisaki

今もこの調子(下劣閲覧注意→fastpic.jp/viewer.php?fil…)。植村さんへの卑劣な攻撃・脅迫(家族や学生に矛先向けられた)は言うまでもないが、北星学園大学もここまで非常に苦しい立場だったと思う。社会がサポートしきれなかったこと、忘れてはならない。@tabisaki

この件のツイッター言及を見ると、あいかわらずこの件の初歩の初歩の初歩すら知らずめちゃくちゃなことをドヤ顔で書いてる方々ばかりなのですが...とにかく基本的なことのおさらいとして並べときます

産経新聞による「衝撃的」なインタビュー

ついでに、読売新聞と従軍慰安婦問題

読売新聞取材班『慰安婦問題世界の眼日本の声』に「朝日が日韓両国で注目を集めたスクープ記事で最大20万人という数字を使ったことで(略)慰安婦の『強制連行20万人』説が流布されていった面は否めない」とあるが、その5年前1987年8月14日読売夕刊に「二十万人とも三十万人とも」とある。

1 2





hiraoyogiさん



  • 話題の動画をまとめよう