1. まとめトップ

『サンローラン』で天才デザイナーを熱演 ギャスパー・ウリエル

革新的なクリエーションで時代をリードし、時を超えて愛され続けているイヴ・サンローラン。その知られざる内面に迫る映画『サンローラン』(12月5日公開)で、天才デザイナーを熱演したのがギャスパー・ウリエル(30)だ。

更新日: 2015年11月28日

3 お気に入り 2234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jiye195623さん

生年月日1984年11月25日
出生地ブローニュ=ビヤンクール
国籍 フランス

フランスの超美形俳優ギャスパー・ウリエル

12歳からテレビに出演しはじめ、短編映画などの出演を経て、2001年に『ジェヴォーダンの獣』で映画デビューします。俳優としての活動が中心でしたが、ギュスパーの夢は映画監督になることで、高校卒業後、パリ第8大学(サン・ドニ)に入学し、映画を専攻しました。
2004年に『ロング・エンゲージメント』に出演しブレイク。2007年にはフランスの女性誌『エル(ELLE)』で、「最もセクシーな男性15人」の中に選出されています。

『サンローラン』で天才デザイナーの知られざる内面を熱演

12月公開の『サンローラン』で、イヴ・サンローランの若き日を演じているギャスパー・ウリエル。去年公開されたブランド公認の映画『イヴ・サンローラン』が伝記映画スタイルだったのに対して、本作は時代の寵児だった天才デザイナーの心の闇に迫る内容。常に多大なプレッシャーにさらされていたサンローランが最も創造的で、同時に破滅的に生きていた1960年代後半からの10年間に限定して描かれる。
もともと顔立ちはよく似ていたギャスパーだが、必要以上に仕草や声を本人に似せようとせず、モノマネ演技ではないアプローチで天才の魂に迫っている。

出演/ギャスパー・ウリエル、ジェレミー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ、ヘルムート・バーガー
監督/ベルトラン・ボネロ
配給/ギャガ GAGA★

モデルのガールフレンドは現在第1子妊娠中、もうすぐパパに!

過去に女優のセシル・カッセルやモナコのカロリーヌ公女の娘、シャルロット・カシラギと交際していたギャスパーだが、プライベートはほとんど明かさない主義。しかし、31歳の誕生日を迎えた11月にフランスでは「もうすぐパパに」と報道されたばかり。2013年から交際しているモデルのガエル・ピエトリが妊娠していることを、ガエルが所属するエージェント、エリートが公表したのだ。CM中心に活動していたガエルはコルシカ出身。付き合い始めた直後から映画のプレミアやパーティなど公の場にはツーショットで登場していた。今回のおめでたい報道に対しても沈黙を守っているギャスパーだけど、初めてパパになる喜びをかみしめているはず!

両親の影響でモード界とも密な関係。シャネルやディオールのモデルにも抜擢

身長180センチで均整のとれた体型で、ディオール(DIOR)のコレクションでモデルを務めたこともある。父親はスポーツウェアのデザイナーで、母親はフリーランスのスタイリスト。両親の影響でアートに親しんで育った彼はファッションも大好きで、モード界とのつながりも深い。2003年、19歳で初めてセザール賞(フランスのアカデミー賞にあたる映画賞)にノミネートされた時は、当時ディオールにいたエディ・スリマンがスタイリングを担当。その縁でコレクションにも出演した。

2015年1月、シャネル(CHANEL)2015年オートクチュールコレクション会場にて、女優のヴァネッサ・パラディと。
Photo: Abaca/AFLO

2010年にはシャネル(CHANEL)のフレグランス「ブルー ドゥ シャネル」のCMに出演。マーティン・スコセッシが監督を務め、広告というよりはニューヨークを舞台にした短編映画というべき完成度の高い作品になった。そして今年、5年ぶりに同商品のCMに再登場。『エヴァの告白』のジェームズ・グレイ監督と組んで、再び芸術的な短編を完成させた。

『ハンニバル・ライジング』(07)でハリウッド進出も果たした実力派

母の友人の芸能関係者の勧めで11歳から子役の仕事を始めた。19歳の時に『かげろう』でエマニュエル・べアールの相手役のミステリアスな美少年を演じて注目され、翌年に『アメリ』の監督&主演女優コンビの『ロング・エンゲージメント』で準主役を演じてセザール賞有望若手男優賞を受賞。小学校からバイリンガルの教育を行う私立校に通い、英語も堪能だったギャスパーは2007年、ハンニバル・レクターの若き日を描いたサスペンス大作『ハンニバル・ライジング』でハリウッドにも進出した。
似たような作品をやるのは嫌いで、リスクを恐れず常に新しいものに挑戦したいというギャスパー。次回作はカナダ出身の若き天才監督、グザヴィエ・ドランの『Juste la fin du monde(原題)』だ。

1