1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

たい」と、機会あるごとに訴えている。

濃度を変えて歯科用薬に
 この薬は歯周組織再生剤「リグロス」 (一般名「トラフェルミン」、科研製薬) 。主成分は線維芽細胞増殖因子と呼ばれるたんぱくで、骨や筋肉、脂肪細胞などの増殖や分化を促進、強力な血管新生作用があり、歯槽骨、歯根膜などの歯周組織を再生させる。遺伝子組換え技術で製造されている。科研製薬は2001年から床ずれや皮膚かいよう薬として販売してきたが、濃度を変えて歯科用薬にするのに成功した。

 東京、千葉に 3つの診療所を持つきょうどう歯科グループは 7カ月で 200症例以上にリグロスを使用した。治療は簡単で、歯と歯肉間の歯周ポケット部のプラーク (歯垢) や歯石などを歯周外科手術で取り除いた後、歯槽骨の欠損部にリグロスを 1回、たっぷりと塗って縫い合わせる。2 週間後の抜糸時に経過観察すると、ほとんどの患者さんの歯周組織がしっかりし始め、その後、歯槽骨の再生がどんどん進み、特別な副作用も見られなかった。「

名古屋市立大学大学院医学研究科の道川誠教授らは、歯周病によってアルツハイマー病や認知機能障害が悪化することを突き止めた。歯周病による慢性炎症が脳内に及び、アルツハイマー病原因分子のレベルが上昇。記憶学習能力が低下したとみられる。歯周病の治療や口腔(こうくう)のケアがアルツハイマー病の予防や進行抑止につながる可能性がある。

 研究グループは、アルツハイマー病のマウスに歯周病菌を感染させて経過を見た。その結果、アルツハイマー病原因分子であるたんぱく質「アミロイドβ」の脳内レベルと脳内炎症分子が高まり、認知症が悪化したという。

【老化防止】 ・カボチャ、アボカド、ウナギ、ハマチなどに含まれるビタミンEは動脈硬化や認知症の進行抑制、免疫を高める。 ・ほうれん草やキャベツに含まれるルテインは白内障予防。 ・脳の老化予防にはDHAを含む青魚。 ・血液の流れを整える軽い運動(ウォーキング)も大事です。

【「若年性認知症」を予防するには 専門医の奥村歩氏が解説】 ift.tt/2cqyj0s ざっくり言うと 「若年性認知症」の予防法を専門医の奥村歩氏に聞いている 脳細胞の栄養素を作るために週3回、1回30分以上の有酸素運動が有効だという また睡眠不足は…

【認知症】 チョコレートを食べるだけで認知症予防?脳内の記憶を司る海馬に多く存在し、アルツハイマー病やうつ病などと関連性があるとされているタンパク質の一種”BDNF”が、チョコレートを摂取するだけで増やせることが判明しました。 hibikenkou.net/dementia/

歩く速度をストップウォッチで計る。たったそれだけで、将来認知症になるリスクが簡単に分かると考えられるのです」

早歩きをすることで)脳内ネットワークの結びつきが若い人のような状態に変化していました。早足で週に3時間歩くだけで脳が若返り、健康になったのです」

【医師】 認知症予防は…腸から!医師が指南「老化を遅らせ脳が活性化する」食事術:… dlvr.it/CrRmWZ

1