1. まとめトップ

【ハゲチェック】女性薄毛のセルフチェック方法まとめ

ひょっとして私、薄毛かな?と思っても自分一人ではなかなか判断が難しい物。そこで参考になるセルフチェック方法をまとめました。

更新日: 2015年11月30日

zxcvbbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1131 view
お気に入り追加

若いから大丈夫だと思わないで!原因は加齢だけじゃないんです。

1、加齢による老化
2、更年期障害・妊娠などによるホルモンバランスの乱れ
3、男性ホルモンによる抜け毛(AGA)の女性版、女子男性型脱毛症(FAGA)
---ここまで加齢によるもの---
---ここから加齢は関係ない---
4、睡眠時間が短い
5、髪を頻繁に染めていたりパーマをかけていることによりダメージを受けている
6、ダイエットで栄養不足になる
7、ストレスは急激に血行を悪くする
8、タバコ
9、ピルなどの女性ホルモン操作により
10、シャンプーのしすぎ

何か思い当たる点ありませんか?まずは確認してみよう。

1.シャンプーの時に頭皮をゴシゴシとこする
2.フケやかゆみで悩んでいる
3.頭皮がベタつく
4.パーマとカラーリングを同じ日に行う
5.仕事や私生活でストレスが多い
6.睡眠時間が短い
7.ダイエットをしている
8.分け目・つむじが気になる
9.細くてひょろっとした抜け毛が多い
10.クセ毛が増えたような気がする

ヘアケア・頭皮に関するチェック

1~3に該当したあなたは、シャンプーの仕方を変えてみましょう。

あなたのシャンプー法が抜け毛・薄毛の原因になっているかも!?

シャンプーは正しい方法で

シャンプーで頭皮を清潔に保つことは大切です。でも、そのシャンプーの仕方1つで、抜け毛が促進されてしまいます。ここでは簡単に、基本的なシャンプーの仕方とそのポイントをご紹介します。

① 自分の肌に合った低刺激のシャンプーを選びましょう。
② 髪の毛を濡らし、シャンプーをしっかりと泡立て、指の腹でマッサージするようにして頭皮を中心に髪の毛全体を洗いましょう。

③ しっかりと隅々まで洗い流しましょう。洗い残しは毛根のつまりの原因となります。

④ リンスをします。髪の毛の先を中心として髪の毛全体につけます。この時頭皮にはつけないように。つけるとシャンプーで綺麗にした頭皮を塞いでしまうことになります。

⑤ リンスもしっかりと洗い流します。洗い残しが無いように気を付けましょう。

4に該当したあなたは、パーマとカラーは1か月置きましょう。

パーマとカラーリングは、髪だけでなく、頭皮にもダメージを与えます。同じ日に行うのは避けましょう。1ヵ月ぐらい間をあけるのがよいでしょう。

5~7に該当したあなたは生活習慣を変えてみて!

5.ストレスは急激に血行を悪くするので、必然的に髪にもよくありません。

ストレスを感じると、血液を全身に回している機能に支障が出てしまいます。
髪の毛を作るのが血液なので、めぐりが悪くなると髪の成長も当然悪くなります。

6.睡眠時間を削ると髪の成長が悪くなります。

寝ている間に、髪の毛は成長するので、睡眠時間が短いと髪が伸びるのが遅くなったり、細くて抜けやすくなったりしてしまいます。

7.ダイエットは髪に栄養がまわらなくなります。

若い女性に多いのが厳しい食事制限でダイエットをすることです。
これをすると、髪にまで栄養が回らないので、抜け毛が増えたり髪が細くなっていってしまいます。

8~9に該当したあなたは「びまん性脱毛症」かもしれません。

女性の薄毛で最も多い症状は、全体的にボリュームダウンする「びまん性脱毛症」です。加齢によって毛母細胞の活動が弱まり、一つの毛穴から出る毛髪の本数が減ったり、髪そのものがやせたり、髪の色が薄くなったりします。女性の薄毛の特性を知り、早めに対処しましょう。

10に該当したあなたは頭皮のアンチエイジングを覚えてみて。

加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、女性ホルモンの影響を受けていた毛根の活動が弱まり、ひょろひょろとしたクセ毛のような毛髪が増加します。合わせて、頭皮が硬くなることで毛包(=頭皮にある毛髪を生み出す部分)が曲がって、クセ毛になることもあります。健康な毛髪を生み出すのは、健康な頭皮。頭皮のアンチエイジングにつとめましょう!

1 2





zxcvbbさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう