アルプ地方の山岳風景に囲まれた風光明媚なアヌシー湖畔に開けた街。

ヨーロッパで一番の透明度を誇るアヌシー湖。中世の時代からサヴォワ地方の主要都市として繁栄してきました。運河が走る街並みは「フランスのベニス」とも呼ばれるほどの美しさ。中世の面影を残す旧市街は歩行者専用の通りも多く、花が飾られた運河沿いのそぞろ歩きを楽しむ人でいつも賑わいをみせています。湖岸の緑に彩られた遊歩道、12世紀の面影を残す旧市街、花で飾られた家並み、活気あるマルシェ・・・その美しさ、愛らしさが多くの人を惹きつけてやみません。

アヌシー湖から引いたティウー運河沿いの旧市街には旧牢獄パレ・ド・リルをはじめ、12世紀から17世紀に建てられた古い街並みが広がる。16世紀には一時的にサヴォア公国の首都としてジュネーブよりも重要な位置にあった。

哲学者ジャン=ジャック・ルソーが16~27歳のあいだ暮らした街としても知られ、ルソーがヴァラン夫人と出会った司教館など、ルソーにまつわる足跡も数多い。

出典アヌシー | フランス観光 公式サイト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ニナファームってどんな会社?

ニナファームは、フランスで生まれたアンチエイジング研究に実績をもつ企業です。肌のメカニズムに明るい研究者とのコラボレーションによって、日本人の肌に合った最高のエイジングスキンケア製品を日本国内で製造・販売しています。今回はそんなニナファームに関する基礎知識をまとめてみました。

このまとめを見る