1. まとめトップ

【産み分け】男児を妊娠する薬!?中国人が爆買い【知りたいニュース】

男児を妊娠する薬って本当?産み分けについても調べてみました

更新日: 2015年11月29日

johaniさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1844 view
お気に入り追加

一人っ子政策の廃止の影響とみられる

 中国が全ての夫婦に第2子の出産を認めることを決めた。人口抑制を目的として1979年に導入した「一人っ子政策」は既に見直しが始まっていたが、今回は第2子出産の申請・認可手続きをなくし、一人っ子の奨励策も打ち切るという。思い切った政策転換によって中国の社会、経済がどう変化するのか注視したい。

男児を妊娠する薬って?

地元の医師によると女性の生理の周期を整えるだけで、男の子が生まれる効果はないとしている。

赤ちゃんの男女産み分けは可能なの?

男女どちらが生まれるかという成功率は、産み分けを希望する人にとって、もっとも関心のあることでしょう。

しかし、専門医が科学的に立証した産み分け法を実践しても、残念ながら100%成功するとはいえません。最近のデータをみてみると、男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。

 産み分けに挑戦した結果、生まれた子どもがたとえ望んだ性の子どもではなくても、大切な自分の子どもに変わりはありません。

どちらの性であっても、必ず愛情と責任をもって生み、育てるという自信がなければ、産み分けに挑戦するべきではありません

性別は女性の体質ではなく、男性の精子で決まります

昔は、生まれてくる子どもの性別は、女性側にその要因があると考えられていたため、偏見や差別でつらい思いをした女性がたくさんいました。

しかし、現代の科学で、生まれてくる子どもの性別は、女性側の卵子には全く関係の無いことだと証明されました。

 では、その根本法則とはなにかというと、性別を決めるのは女性側の卵子ではなく、男性側の精子だということです。

具体的に言えば、精子の頭部には23個の染色体が入っており、そのうちの1個がどのような染色体かによって、生まれてくる子どもが男の子か女の子かが決まるということです。

X精子とY精子の違い

精子には、2種類の違うタイプの精子があります。性を決定する23組目の染色体がXX染色体の場合とXY染色体の場合です。
X染色体をもつ精子が卵子に入れば女の子が生まれ、Y染色体をもつ精子が卵子に入れば男の子が生まれるというわけです。

このことからX染色体2つを1対とするものをもつ精子をX精子、X染色体とY染色体の組み合わせをもつ精子のことをY精子というようになりました。

  女の子をつくるX精子は酸性に強く、男の子をつくるY精子はアルカリ性に強いという性質をもっています。そして、Y精子はX精子の2倍も多い数です。

男の子希望の場合は排卵日が可能性大!

Y精子は、X精子に比べ、泳ぐスピードが早い一方、酸性の環境に弱く、寿命が短いのが特徴です。

膣内は酸性ですが、妊娠する排卵日(※排卵日を特定する方法については5-2で詳しく説明します。)は、酸性度が最も弱まります。そのため、Y精子は、活発に動けるようになり、Y精子が受精する確率が高まるので、排卵日にセックスをすると良いのです。

排卵日にセックスをすると良いのには、もう一つ理由があります。Y精子、受精をする子宮膨大部にたどり着いても、なかなか排卵しなければ、それを待たなければなりませんが、Y精子の寿命は短いため、待っているあいだに死んでしまいます。Y精子が元気なうちに受精できるよう、セックスは排卵直前であることが良いのです。

リンカル(リン酸カルシウム)をとると・・・

リンカルは、微量の鉄分を含んだ天然カルシウムで、錠剤の形をして営業補助食品です。女性にも赤ちゃんにも副作用も及ぼさない安全な食品です。

もともとは赤ちゃんの先天性の以上を予防するために女性に処方されるサプリメントでしたが、服用した女性が生んだ赤ちゃんがみんな健康だっただけでなく、ほぼすべて男の子でした。そのため、現在では男の子の産み分けに用いられるようになったのです。

中国人の方にはリンカルをおすすめしたほうが良さそうですね。

飲み忘れのないように気を付けて!

リンカルは、2ヶ月以上連続して服用し、飲み忘れがないようにしなくてはなりません。5日飲まずにいると、産み分けの効果がゼロになるとも言われています。1回のセックスで妊娠するとも限らないので、妊娠が確実に分かるまで、リンカルを服用しましょう。

合わせて利用したいグリーンゼリー

リンカルがなぜ男の子と出生率を上げるのかはまだわかっていませんが、セックスのタイミングを守り、グリーンゼリーを使用し、リンカルを服用した場合、男の子が生まれる確率は90%以上というデータもあります。

当たる?!中国式産み分けカレンダー

中国式産み分けカレンダーは、今から約700年前(元の時代)の王家の墓から発見されたもので、下記の表は発見された時にコピーされたものということです。原本は今でも北京の科学研究所で大切に保管されているそうです。
この中国式産み分けカレンダーは、現在では産み分け占いとして世界中で利用されており、産み分けを希望する夫婦にはとてもメジャーな物となっています。
気になる的中率ですが、日本のサイトでは、中国人99%・アジア人90%・アメリカ人85%と、よく掲載されていますが、海外サイトでは異なる数字が掲載されている場合もあるので、真相は分かりません。

関連リンク

1 2





johaniさん

このまとめに参加する