1. まとめトップ

薬局で迷わない 買っても大丈夫な市販の目薬まとめ!!

防腐剤、血管収縮剤は眼に危険と聞くけど、いつも薬局でなんだっけ?と迷うのでパッと選べるように一覧作りました。

更新日: 2015年11月30日

mozeeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 39321 view
お気に入り追加

◆一般的な防腐剤

・使い切りタイプを除き、通常の目薬で全ての防腐剤を排除するのは細菌などが増殖するので難しい為、特に強力な塩化ベンザルコニウム・ソルビン酸カリウムを配合されたいない目薬をピックアップします。

防腐剤による角膜障害
目薬にはたいてい防腐剤が入っています。さしているうちまつげに触ったりして細菌が中に入るからです。防腐剤が全く入っていない目薬もありますが、封を開けたら約1週間で廃棄しなければなりません。
 
目薬の種類はものすごくたくさんありますが、防腐剤の種類はわずかしかありません。その中でもベンザルコニウムという防腐剤は強力なので、きわめて多くの目薬に使われています。すべての目薬の8割にベンザルコニウムが入っています。
 
ただ、ベンザルコニウムは強力な反面、角膜障害(=角膜のキズ)をおこしやすいのです。
もともと健康な角膜の人には何でもなくても、ドライアイだったり高齢だったり眼科手術後だったりすると、防腐剤が角膜に障害を与える原因となってしまいます。
 
この場合、角膜障害の治療に使われる目薬にも防腐剤が入っているのが厄介なところです。
対策は、防腐剤の入っている目薬をすべて中止し、防腐剤の入っていない目薬だけ使うことです。ただ、使える目薬がきわめて少なくなります。

◆一般的な血管収縮剤

塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなどがあります。

◎目薬一覧

防腐剤:塩化ベンザルコニウム・ソルビン酸カリウム
血管収縮剤:塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリン
の入っていない目薬

実際に使用した感想は「強いクール感」とあるが、自分には点眼後しばらくしてジワーと感じる程度。
でも潤い重視だから及第点。比較的安価で量もあるのはgood

◆使い切りタイプ

ソフトサンティアひとみストレッチ 5mL×4

1