1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

多くの人に愛された「ゲゲゲの鬼太郎水木しげる」さん死去

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で知られる水木しげるさんが東京都内の病院で亡くなりました。93歳でした。突然の訃報に悲しみが広がっています。

更新日: 2015年11月30日

89 お気に入り 135890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■水木しげるさん、死去

出典laughy.jp

ご冥福をお祈りします。

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で漫画家の水木しげる(本名=武良茂=むら・しげる)さん

30日午前7時ごろ心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。

▼突然の訃報に悲しみが広がった

戦前から続くペン画挿絵の時代を知らない私は、水木しげるさんの作品で妖怪マンガの面白さと同時に緻密に描き込まれたペン画の魅力を教わりました。ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-…

水木しげる先生が、亡く…やないわ、ホンマのお化けにならはった。「お化けは死なない病気もなんにもない」の歌詞の通りに、偉大な「お化け、妖怪」として、これからもずっとずっと漫画界に存在し続けて下さい…。

すごく悲しいんだけど、今頃は南の島や異次元も気軽に飛んで行けるようになって笑顔の水木しげる先生しか浮かばない。

水木しげるさんが冥土の土産に石ノ森章太郎に「君が作った仮面ライダーな、まだ続いてるから。今は坊さんと一緒にお化けと戦っとる」って話して「絶対嘘だろ…」って思われてそう。

■水木しげるさん、略歴

早くから絵の才能を発揮し、13歳で油絵の個展を開き、新聞の地方版に「天才少年」と紹介された。

高等小学校を卒業後、新聞配達などをしながらデッサンの勉強を続けていましたが、昭和18年に徴兵されて南方戦線に従軍し、爆撃のため左腕を失いました。

水木さんはゲゲゲの鬼太郎などの妖怪漫画に定評があり、その他にも『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などが人気

昭和40年から「週刊少年マガジン」で「墓場の鬼太郎」を連載、代表作「鬼太郎」シリーズは「ゲゲゲの鬼太郎」と改題

96年日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞。2003年には、地元の鳥取県境港市に「水木しげる記念館」が完成

朝ドラで共感を呼んだゲゲゲの女房。

平成3年に紫綬褒章を受賞し、平成22年には文化功労者に選ばれています。

10年には妻の布枝さんが書いた「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として放映され、その生きざまが共感を呼んだ。

90歳を超えても新作を精力的に描き、妖怪漫画の第一人者として知られていました。

91歳で連載スタート「わたしの日々」が突然最終回を迎え、心配の声が上がっていた。

平成26年12月に心筋梗塞で入院しましたが、平成27年2月に退院してから仕事場にも頻繁に訪れ、仕事の指示などをしてきたということです。

今年5月には、漫画誌「ビッグコミック」(小学館)に連載していた「わたしの日々」が突然最終回を迎え、ファンからは心配の声が上がっていた

終了の理由を「高齢での連載が精神的に負担」、「ネタ不足気味」と説明したが、ツイッターには「昨年暮れから体調を崩しぎみなのは確か」と書いていた。

1 2