1. まとめトップ

◆コントロールカラー使っていますか?

ドンキでコントロールカラーあったから テスターつかってみたんだけどあれすごい綺麗になるね… もちろん買った

頬の赤みが気になる人はファンデを塗る前にイエローのコントロールカラーを使うと自然に赤みを消してくれるよ(*^^)v☆-

ニキビ痕やシミ、クマなどにコンシーラーを使うと余計に目立って厚化粧感が出てしまいます。なるべくコントロールカラーやファンデの重ねづけで対処します。

◆実はあまり使われていないコントロールカラー

コントロールカラーを使用している人は全体の16.3%でとても低い結果が出ました。

実際、ポーラ文化研究所が行った調査(女性の化粧行動、意識に関する実態調査2014)では、コントロールカラーを使用している人は全体の16.3%でとても低い結果が出ました。

◆コントロールカラーはうれしいことがいっぱいなのです!

ファンデーションの前にコントロールカラーで顔色を調整することによって、肌がぐっとキレイに見え、メイクの仕上がりにも大きな差がつきます。

悩みによって色を使い分ける必要がありますが、ポイントさえおさえれば、初めての方でも上級者メイクに仕上げることが可能です。

◆コントロールカラーは選び方が大切

コントロールカラーは、その色によってさまざまなキレイ効果があります。

コントロールカラーは様々なカラーがありますが、自分の肌色や特徴、コンディションなどによってぴったりのアイテムを選択することが大切です。

今回はその肌の状態からぴったりのコントロールカラーを選ぶ方法をご紹介します。

▼イエロー系

黄色いコントロールカラーベースの効果は「くすみ消すこと」。

くすんだ肌をワントーン明るくしてくれるのがイエロー。肌の色が均一になり、ファンデーションの発色もよくなります。肌荒れなどによる色ムラを隠したいときにもおすすめです。

▼ピンク系

肌に自然な血色を与え、健康的な顔色に見せてくれます。

血色の良い肌色を表現してくれます。
どよんとした肌を明るくする効果があります。

朝起きて「何となく顔色が冴えない」と思ったら、ピンクを使ってみましょう。

▼グリーン系

赤ら顔やニキビ跡の補正にはグリーン系がおすすめ

頬や小鼻の赤み隠しに効果的なのがグリーン。赤みが気になる部分に、薄くのばして使います。グリーンのコントロールカラーは、顔全体に塗ると顔色を暗く見せてしまうことがあるので注意しましょう。

1





女性向け生活情報サイトC&E
生活に役立つ、ちょっとした裏技、トレンドな話題などを配信していきます。

C&E~女子のためのポータルサイト~も運営しています。