1. まとめトップ

「報われる努力」「報われない努力」「無駄な努力」の違いってなんだろう?考察してみた

報われる努力=正しい努力をしたから報われる 報われない努力=効率の悪い、間違った努力だから報われない 無駄な努力=効率が悪すぎて効果がない努力

更新日: 2016年04月25日

226 お気に入り 9452 view
お気に入り追加

私が思うに、「良い」努力と「悪い」努力の見分け方は、ひとえに結果でわかると思います。3か月も4か月も続けていてもなんの成果も上がらない努力はやはり少し自己満足のための努力のように思います。

ある程度の忍耐は必要です。努力が結果に代わるまでには少し時間もかかります。ですが、目安として、3か月、続けても何も変わらない場合、一度、その努力を見直してみてください。
やってもやらなくても大差ないことに時間を割いていないか、不必要に苦痛を感じるだけで、なかなか結果につながらない努力はないか。わからなければ周りの人に相談してみるのも手です。努力というのは、自分がすればするほど主観的にしか考えられないものです。他人の冷静な目で見てもらい、ある程度他人を信用してみるのもいいでしょう。

努力しても無駄? それ「無駄な努力」をしてるだけでは?

世の中には二種類の努力があります。それは「良い」努力と「悪い」努力です。
「良い」努力とは、努力した分だけきちんと結果が出る努力、そして「悪い」努力とは、努力しても結果につながらない努力です。

「良い」努力をするために、まずは、努力を自己目的化するのをやめましょう。
「頑張ってる私(僕)ってカッコイイ」と思っているうちは、その努力が無駄な努力の可能性が高いです。努力はあくまで目的達成のための手段です。
ですので、まず努力をする場合は、必ず明確に目標を立てましょう。その目標のために必要なことは何かを考え、それをひたすらにやる、それが正しい努力のあり方です。

無駄な努力とは、報われない努力を指しているのではない。非効果的な努力を指している。
たとえば、同じ練習時間を費やしても、人によって上達に差が表れてくる。この差はどこから来るのか。それは、「努力の仕方」からくる。

努力には、効果的なものと非効果的なものがある。では、効果的な努力とはどのようなものなのか。
今回は、効果的な努力に必要な3つの要素について解説したい。

1. 時間をかける
時間をかけて何かに取り組んでいれば、それらはすべて「努力」なのである。そこに一切の感情を持ち込んではいけない。時間をかけているのであれば、どんな思いでしていようと「努力」なのである。

2. 負荷を与える
どんなに強い負荷も、続けていけば次第に慣れていき、ラクに感じてくる。ここで、ラクのまま通すのか、さらに強い負荷を与えるのかで努力の効果は異なってくるのだ。

3. 基礎を築く
基礎を疎かにして技を磨いても、ある程度まで技術は上達する。だが、いつか必ず行き詰る。そのとき、基礎に立ち戻れるかどうかが上達の分かれ道となるだろう。

モテるために無駄な努力をしている男性・女性の特徴として「容姿を磨くためエステに行っている」「外見にお金をかけている」「髪型、服装を気にする」など、外見ばかり気にする様子が多く指摘された。

そんな人たちに対して、「そこだけがモテるポイントではない」、見た目より「普段の言動が重要」「内面を直す部分はたくさんある」と手厳しい意見がズラリ並んだ。確かに、第一印象は重要だけれど、いくら外見ばかりを取り繕っても中身が伴わなければ、結局はボロが出てしまうことに……。

『努力は、見せなきゃ意味がない』

日本人の美徳として、努力は水面下でするものと考えがち。ですが、山口さんは「それはあまり得にはならない」と語っています。努力が報われる人は、努力をしているところをきちんと周囲に見せる場合がかなり多いのが事実。逆に、努力を見せないように頑張ると、結果を出しても「まぐれでしょ?」なんて思われてしまう可能性大!

"やらなくていいこと"はやらない

なんでもかんでも自分でやらないと気がすまないという人がいます。しかし、すべてにおいて完璧であるというならともかく、人はなにかしら不得意なことがあるもの。でも、不得意なことをすれば時間がかかるのは当然です。仕事なら、効率が悪くなるというわけで、だとすれば会社にとってもいいことではありません。つまりそれは、ムダな努力だということ。

仕事の目標を達成できない人に共通しているのは、「人間力」の低さ

人間力とは、礼儀礼節や気配り、義理人情があるということだそうです。古い考えのように聞こえるかもしれませんが、これができないために成功への障壁ができてしまったり、チャンスを逃してしまう人が現実的に多い

「なにかを成し遂げようとするときにそれを達成できないのは、やっている努力の絶対量が少ないだけ」

コップに水を注げば、注いだ分だけ水はたまります。そしてある瞬間に、あふれ出ることになります。つまり、あふれ出たときに、結果は出るということ。そして努力を重ねることで水をあふれさせ続け、結果を出し続ける人が一流のビジネスパーソンと呼ばれるようになるのだと著者は記しています。

「必要ない努力は捨て、結果につながる努力のみを厳選し、集中する」

出典『はじめに できる人とは『報われる努力』と『ムダな努力』を混同しない人』

真面目なのに報われない「残念な人」の無駄な努力3個

■1:インターネットでの情報収集 → ダラダラと無駄な情報を集めてしまいがち
■2:語学・資格勉強 → 企業が求めるのは語学力よりも技術力
■3:ToDoリスト作成に時間をかけ過ぎ

無駄な努力をしない人は長生きする?

長生きした戦国武将を挙げると、徳川家康は75歳、今川氏真は77歳、島津義久79歳、武田信虎(信玄の父)は81歳、信玄は50歳で亡くなっていますから、息子よりも長生きしたということです。

歌の先生になったり、お茶の先生になったり・・・彼らは無茶な決戦をせずに、自分の生活をどう楽しむかに重きを置いていました。

今、余生を過ごされようとしている方は、今から無茶なことをやらずに、上記の戦国武将を見習ってみてはいかがでしょうか。

セロトニンを増やすと、無駄な努力をしなくなります。

セロトニンは太陽の光を浴びたり、規則正しい生活をすることで作られます。

日本人は、セロトニンを一回出して、リサイクルするトランスポーターの数が少ないのです。

セロトニンが少なくなると、心配しやすくなったり、不安になりやすくなります。

叱られるとすぐに委縮してしまう人。我慢して不条理に耐えて、いきなりブチ切れる人などがまさにそれ。

自分を痛めつける努力中毒になりやすくなります。

セロトニンを増やすには、セロトニンの原料になる物質を摂取しなければなりません。

トリプトファンというアミノ酸が入った食物を食べることです。バナナやお肉はセロトニン分泌を助けます。

相手に自分のできないことをしてもらうために、人間は「言葉」というものを開発しました。

そもそも分業をして生き延びてきたのが人間なのですから、何でも一人でやるには無理があるのです。

残念ですが、中野先生がおっしゃるには、才能というのは生まれたときに決まっているとのこと。あることには向いていて、あることには不向きということです。

「才能を知る」ということが、本当の努力なのです。「潜在能力がどこまでなのかを知る」のが正しい努力であり、「ないかもしれないが一か八かの大勝負に出る」というのが無駄な努力ということらしいです。

それは目標に沿った努力ですか? 例えばあなたが月に行きたいとしましょう。地球から月までの距離はおよそ38万キロメートル。

月に行きたいのなら徒歩ではなく、ロケットに乗る努力をするべき

あなたは月まで歩いて向かったとしましょう。歩けど歩けど月にたどり着かない。結果、目標は達成されなかったが、その行程で多くの人に出会った。それでよかった、と思うのは自由ですが、自分を慰めるための言い訳にすぎません。目標は達成されず、無駄な努力をしてしまったことに

心無い人は「貴方に努力が足りなかったからだ」という。最悪、それを利用され他人に搾取されることになりかねません。「業績が上がらないのはおまえのせいだ。」とかいうブラック企業がそれですね。

中野先生がおっしゃるには、本当に月に行きたいのであれば、ロケットに乗る努力をするべきだったということです。手段を間違えてはいけません。

自分の限界を知ろう

例えば、陸上競技をやったことのない貴方が、オリンピックに出て金メダルを取ることはできません。

貴方にはどんな可能性があるのか、それを模索するのです。模索をして、自分の限界を知ることが本当の努力です。

何もできない人はいません。何かできる可能性があるはずです。

私も含めてそうなのですが、無駄な努力をしている人が結構多い気がします。正しい努力ができるようにしたいものです。

努力ができるのは見返りを期待しているからです。その見返りが得られなければ、その人は他人を恨むことになります。

そこに楽しさがなければ長続きしないし、自分がダメージを被ることになります。

努力を続けていると、人はついついその「意味」を求めがちですが……それが限界をつくってしまうことも。

山口さんは「これまで自分が知らなかった、まったく新しい意味を発見していく」ために、仕事だけでなく「楽しさを感じる時間」を設けようにしているんだそうです。

「好きだから!」「楽しいから!」を感じながら努力したほうが、自分の器がぐんと広がるみたい。だから、アフター6や休日を思いっきり楽しむことだって、大切なこと♪ 辛いこと=努力だって、思いつめなくていいんです。

「1万時間のトレーニングを積んでいけば、その分野の一流になれる」

「物事を成し遂げられるかは、生まれ持っての才能というより、その後の努力をいかにして続けられるかにかかっている」と山口さんは語っています。物事には“1万時間の法則”というものがあり、スポーツや芸術など、どんなジャンルでもおよそ1万時間のトレーニングを積んでいけば、その分野の一流になれるのだそう。

1万時間の努力と聞くとちょっとびっくりしてしまいますが、普通の社会人がみっちり仕事をすれば、5年強で到達できる量。そう思ったら、頑張れそうな気がしませんか? すぐに結果を出せなくても心配せず「時間をかければ、絶対成果は出る」と前向きに考えて続けていきましょう。

Q.身のまわりに「モテるために無駄な努力をしている」と思う男性はいますか?

はい (男性)12.7%/(女性)8.7%
いいえ (男性)87.3%/(女性)91.3%

Q.身のまわりに「モテるために無駄な努力をしている」と思う女性はいますか?

はい (男性)10.0%/(女性)5.3%
いいえ (男性)90.0%/(女性)94.7%

モテるために無駄な努力をしている女性

■外見ばかり気にする

・「女子力アップなどと言って、エステや美術館などに通っている、ちょっと違うと思う」(24歳女性/食品・飲料/専門職)
・「ズボンが好きなのに、モテるためにスカートを穿く女性……ありのままの自分でいた方がステキだと思うから」(20歳未満女性/医療・福祉/専門職)

・「エステにやたらいく、そこだけがモテるポイントではないから」(33歳男性/運輸・倉庫/営業職)
・「爪をゴテゴテにしている女性……逆に男は引く」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「みんな服装、美容院と無駄遣いなのでは? 内面磨け!」(47歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「化粧など外見にお金をかけている人」(25歳男性/食品・飲料/技術職)

体型に難あり

・「『男の人は丸みのある女の子が好きだ』と言ってダイエットはしていない友人があきらかに太りすぎていること」(24歳女性/機械・精密機器/営業職)
・「『痩せたら着る』と言って着られない服を買っている女性」(33歳男性/電機/技術職)

間違った方向性

・「パワースポットめぐり……まわりの男性はスピリチュアルを敬遠する人が多いのでそういうのに傾倒していると逆効果だと思う」(42歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「いかにもなかわいい女の子を演じていて、小食さをアピールするのですが、その女性がアピールしていた相手は『おいしそうにものを食べる』ような女性がタイプなので……雑誌とかテレビとかうのみにしちゃったのかもしれないけど、相手のタイプに合わせた努力をしないと」(34歳女性/不動産/事務系専門職)

美人じゃないのに……

・「美人でもない人がよくダイエットと言っている」(27歳男性/情報・IT/技術職)
・「化粧品にお金を使いまくる……より良いと思われる化粧品がでたらすぐ試して使っているが、元があまりよくないのでそんなにお金を使っても無駄だと思うから」(29歳男性/不動産/その他)

やりすぎメイク

・「化粧を念入りにしているも、マット過ぎている等」(24歳女性/その他/事務系専門職)
・「化粧が厚い」(25歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「アイラインを太く塗って目を大きく見せようとする……近づけばすぐに細い目なのがバレバレなのでムダ」(26歳男性/その他/その他)
・「キツイ香水をつける」(24歳男性/情報・IT/技術職)

モテるために無駄な努力をしている男性
1.外見ばかり気にする

■外見ばかり気にする
・「よさそうな洋服をきているけれど普段の言動のほうが重要」(32歳女性/その他/クリエイティブ職)
・「見た目ばかり気にする、金遣いが荒いとか、短気だとか内面を直す部分はたくさんあるのに、外見ばかり気にしている……第一印象が良くても付き合ったら本性がでて長続きしないと思うから、まず内面を磨かないと外見ばかり気にしていても意味がないと思う」(29歳男性/不動産/その他)

ブランド好き

・「やたらブランド自慢をしてくる人……中身も見た目も嫌われているから何をしても無駄だから」(32歳女性/金融・証券/営業職)
・「身の回りの物のブランドにこだわっている」(28歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・「ブランド物をそろえて外見ばかり気にしている人」(50歳以上男性/その他/その他)
・「高い服を買えばいいと勘違いしている」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)

イケメンじゃないのに……

・「朝1時間かけて髪のセットをしているらしい……正直そんなにかっこよくないし、誰も見ていないと思う」(22歳女性/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「顔がイケメンでもないのに、高い美容室に行っている人」(27歳男性/情報・IT/技術職)

1 2





akagiyoshi1925さん