総本家更科堀井 本店 by ぽいぇっとぽるしぇ

「さらしなそば」は最上の玄そばの中心部からとれるそば粉で打ち、輝く様な白さと、ほのかに漂う上品なそばの香り舌ざわりの良さが特徴

これがいつ頃からのものかは明らかになっていないが、1750年頃にはすでに存在していた模様。更科の特徴として打ち出されたのは江戸時代末期から明治時代のことと考えられている。

この情報が含まれているまとめはこちら

江戸三大蕎麦を巡る【砂場・更科・藪】

江戸時代からのソバ屋の老舗ブランドとして名高い「砂場」「更科」「藪」の代表店をまとめました。

このまとめを見る