かんだやぶそばの創業は1880年。本郷団子坂にあり、竹藪が多かったことから通称“藪蕎麦(やぶそば)”と呼ばれていた「蔦谷」の支店として、連雀町に店を構えたことが始まりです。
その後、団子坂本店の廃業を受けて、本店の看板を受け継ぎ、今に至っています。ちなみに1914年(大正3年)に「浅草並木藪」、1954年(昭和29年)にその浅草並木藪から分家した「池の端藪」と枝分かれ。この3軒は、“藪蕎麦御三家”と呼ばれたりもしています。

出典かんだやぶそば(そば/淡路町/創業1880年) [100年店ランチ] All About

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

江戸三大蕎麦を巡る【砂場・更科・藪】

江戸時代からのソバ屋の老舗ブランドとして名高い「砂場」「更科」「藪」の代表店をまとめました。

このまとめを見る