藪蕎麦の特徴は、醤油の味がつよい、塩からいそばつゆである。そのため必然的に「つゆをちょっとだけつけて食べる」という江戸風の蕎麦の食べ方となった。10代目金原亭馬生が落語『そば清』の枕で「死ぬ前に一度、つゆをたっぷりつけて蕎麦を食べたかった」と言って事切れる江戸っ子の話を用い有名となった。

出典藪 (蕎麦屋) - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

江戸三大蕎麦を巡る【砂場・更科・藪】

江戸時代からのソバ屋の老舗ブランドとして名高い「砂場」「更科」「藪」の代表店をまとめました。

このまとめを見る