1. まとめトップ

10年後に消える職業。生き残る職業

どんどんと機械化、自動化が進んでいく昨今。10年後に消えて行ってしまう仕事、そして10年後も残り需要がある仕事とは!?機械には出来ない人だから出来る仕事が今求められている

更新日: 2015年12月02日

10 お気に入り 39841 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wine_beer_さん

せっかく就職したのに、10年後に消えてしまうなんて・・・

自動化の波って怖い

■10年後に消える職業は?

電車の運転士・車掌、レジ係、通訳、速記・ワープロ入力、プログラマー、新聞配達員、レンタルビデオ、ガソリンスタンド、高速道路の料金徴収業務、仲卸業者、小規模農家、兼業農家、大手電力会社、自然エネルギー関連、参議院議員、専業主婦、日本人の取締役、中間管理職、受付・案内業務、一般事務・秘書、オペレーター・コールセンター、訪問型営業、金型職人、倉庫作業員、工場労働者、コピー・FAX・プリンター関連、証券・不動産ブローカー、ヘッジファンドマネージャー、証券アナリスト・ファイナンシャルプランナー、生保レディ、教員、交番の警察官

■米国でも機械に奪われる職業トップ15が発表された

米国でも10年後になくなる職業は日本とほぼ同じ感じ

小売店販売員
会計士
一番事務員
セールスマン
一般秘書
飲食カウンター接客係
商店レジ打ち係や切符販売員
箱詰め積み降ろしなどの作業員
帳簿係などの金融取引記録保全員
大型トラック・ローリー車の運転手
コールセンター案内係
乗用車・タクシー・バンの運転手
中央官庁職員など上級公務員
調理人(料理人の下で働く人)
ビル管理人

■元GoogleのCEOラリー・ペイジも警鐘を鳴らす

人工知能の急激な発達によって
現在日常で行われている仕事がロボットに代行されることになり、
近い将来には10人中9人は今とは違う仕事をしているだろう

■じゃあ10年後も生き残る職業は何?

これから先、生き残る職業を知っておけば、これから必要な知識・スキルも見えてくる

医者や経営者、教師など精神面をサポートする職業やAIロボットが行うにはまだまだ技術が足りないような職業

■10年後20年後もなくならない仕事の例

レクリエーションセラピスト
最前線のメカニック、修理工
緊急事態の管理監督者
メンタルヘルスと薬物利用者サポート
聴覚医療従事者
作業療法士
義肢装具士
ヘルスケアソーシャルワーカー
口腔外科
消防監督者 
栄養士
施設管理者
振り付け師
セールスエンジニア(技術営業)
内科医と外科医
指導(教育)コーディネーター
心理学者
警察と探偵
歯科医師
小学校教

■職業が消える理由はロボットだけじゃない!?

ロボットや機械に加えて、日本人の仕事を奪存在として台頭してくるのが、外国人=グローバル人材の存在

米国ではすでにこの「アウトソーシング革命」によって、さまざまな職種の人々が失業に追い込まれている。

1