1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

しぐるずさん

辰野金吾

辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日〈嘉永7年8月22日〉- 1919年3月25日) は、日本の建築家である。

工部大学校(のちの帝国大学工科大学、現在の東京大学工学部)卒業。工学博士、帝国大学工科大学学長、建築学会会長。設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E9%87%8E%E9%87%91%E5%90%BE

代表作

設計は辰野金吾で、ベルギー国立銀行を参考に1896年(明治29年)2月竣工した。1891年(明治24年)に発生した濃尾地震の教訓から、高橋是清の指示で建物上部を軽量化し耐震性を高めることを決定、2階3階は煉瓦造石貼りに変更された。1974年2月5日に国の重要文化財に指定されている [2]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9C%AC%E5%BA%97

旧日本銀行京都支店は、京都府 京都市 中京区 三条通高倉北西角(地図)にある旧銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、明治39(1906)年に建てられました。
現在は京都府京都文化博物館の別館として、一般に公開されています。
http://youkantan.exblog.jp/12332076/

竣工は明治時代、辰野さんの作品の中でも特に初期のものでした。
辰野さんがそれまで勉学を重ねられた、すべての経験と智恵と知識の結晶である渾身の作だったと思います。
清水組の偉大な技師、田辺淳吉さんもその建設を助けるため東京から京都に来られ、また増築にもかかわられました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/36122378.html

辰野金吾の設計により、1907年に建てられた木造平屋建ての駅舎は、1998年に国の登録有形文化財に登録されている。第1回近畿の駅百選選定駅。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%AF%BA%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%A7%85

1909年(明治42年)に旧日本生命保険株式会社九州支店として竣工。設計は東京駅舎などで知られる辰野片岡建築事務所(辰野金吾・片岡安)が担当した。

1969年(昭和44年)に国の重要文化財に指定された後に日本生命保険が移転したため、福岡市教育委員会に移管され福岡市歴史資料館として開館。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%B8%82%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%A4%A8

煉瓦造り,2階建で,外壁は煉瓦の壁面に花崗岩の帯を回し,1階窓はまぐさ,2階窓にはアーチを用い,コンソールやアーチなどの要所にも白色花崗岩を使っています。屋根は銅板葺でドーム部分のみスレート葺とし,ドーマー窓で飾っています。サンマード型の屋根に,西は寄棟屋根が接続し,南東隅にドームを冠した八角塔と南側に矩形塔を配して出入口としています。また,東面北端に切妻屋根が張り出す凹凸に富んだ外観となっています。http://www.city.morioka.iwate.jp/moriokagaido/rekishi/bunkazai/kuni_shitei/003364.html

洋館・日本館ともに木造の二階建てで、廊下で繋がっている。洋館の設計は明治の建築家辰野金吾の事務所によるもので、アール・ヌーヴォー様式のデザインで美しい曲線が目立つ。一方、日本館は洋館の建築監督であった久保田小三郎が設計しており、洋館とは対照的に純和風な雰囲気を湛えた数寄屋造りの建築となっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%AE%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85

英国から輸入した赤レンガに白い御影石の帯を巡らせ、屋根にドームを配した典型的ないわゆる「辰野式」の建築であり、大分市中心部に残る唯一の洋館である。

第二次世界大戦末期には空襲で壁のみを残して焼失したものの、戦後修復され、昭和41年8月に新本店に移転するまで大分銀行本店として使用され続けた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%88%86%E9%8A%80%E8%A1%8C%E8%B5%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E9%A4%A8

赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾らが設計したもので、1914年に竣工、2003年に国の重要文化財に指定されている。「関東の駅百選」認定駅でもある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%A7%85

武雄温泉楼門・新館は1914(大正3)年に武雄温泉組(現株式会社)が計画して、設計を辰野・葛西建築事務所、施工を清水組(現清水 建設)が担当した。辰野金吾は佐賀県唐津の出身で、東京駅や日本銀行を設計した日本の洋風近代建築の第一人者として知られるが、 このような木造和風建築作品は例が少ないのではないか。
http://space.geocities.jp/atrium0510/archi/saga/02take/index.html

三条通りと、柳馬場通りの交差点に建っていて、石張りの外観は、大正に入ってからの(設計者の)片岡安の作風です。耐震性を高める為に、内部に鉄骨が入れてあり、純粋な煉瓦造とは違っているのが構造面の特徴です。現在の建物は1983年(昭和58年)に改築されましたが、塔屋を含む東側部分はRCで補強した上でファサード保存されています。
http://www.arcstyle.com/kyoto/233_nisseibuild.html

建物は大正4年、辰野金吾が主宰する辰野・片岡事務所が設計した鉄筋コンクリート建て209平方メートルの小規模な造りです。外観は赤レンガタイルの壁体に、玄関、柱頭、窓周りに幾何学的模様を施し、その部分は洗い出しで石造り風に仕上げ、大正期のモダンなデザインを伝えています。
http://www.kcta.or.jp/kaidou/kindai/yahatahigashi/130/130.html

設計は、懸賞付き建築設計競技(最終的に13名が参加)により岡田信一郎案が1位となり、岡田の原案に基づいて、辰野金吾・片岡安が実施設計を行った。1913年(大正2年)6月に着工、1918年(大正7年)11月17日にオープン。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%85%AC%E4%BC%9A%E5%A0%82

有形文化財である南天苑。辰野金吾設計、現存する3つの和風建築のうちの1つ
明治大正期に、東京駅や日本銀行本店など、近代日本を代表する西洋建築を数多く手掛けた辰野金吾。数ある氏の作品の中でも和風建築は大変希少であり、現存しているのは国内に三軒のみで、その内の一つが南天苑です。
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=655

1