1. まとめトップ

琵琶湖名産ご当地寿司の鮒寿司(ふなずし)

滋賀県は琵琶湖の名産で伝統的なご当地寿司である、熟れ鮨の鮒寿司(ふなずし)のご紹介です。

更新日: 2019年04月19日

4 お気に入り 5099 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

においが苦手と言う人もいますが、味は最高です。

moepapaさん

鮒寿司(ふなずし)とは

鮒寿司(ふなずし)は、フナを用いて作られる「熟れ鮨(鮓)」として有名で、滋賀県の郷土料理である。
江戸時代以来、主に琵琶湖の固有種であるニゴロブナが最適とされてきたが、ゲンゴロウブナも使用されている。オスもメスともに使われるが、子持ちのメスのものは比較的高価である。

フナを用いた熟れ鮨(鮓)で、滋賀県の名産である。飯と塩で作られ、独特の発酵臭がする。飯に漬けた後に酒粕に漬け直すこともあり、その場合は発酵臭が抑えられる。独特の香りがあり、魚肉のタンパク質がうまみ成分であるアミノ酸へ分解されたものである。
現在の滋賀県の「ふなずし」は、春季の鮒を用いている。

独特の香りがあり、魚肉のタンパク質がうまみ成分であるアミノ酸へ分解されたものである。
その臭いは強く、臭さを表すアラバスター単位によると、鮒寿司は486Au、世界で6番目ににおいの強い食物だとか。

伝統食として人気

その強い香りも含めて、愛好家も多く、日本酒にも合い、現在では琵琶湖周りだけでなく、通販などで、国内中で食べられます。

食べ方

評判

鮒寿司 滋賀県の郷土料理で、鮒を用いたなれ鮨の一種です。 琵琶湖の固有種であるニゴロブナを使ったものが一級品とされますが漁獲高が近年減少しているため特に高価です。 癖が強く、苦手な人も多いようです。 pic.twitter.com/q31Qdlaj1w

蕎麦屋で冷を。もちろんざるをたぐりながら。帰りに鮒寿司買って帰るわ。 pic.twitter.com/m26jdb1m0y

鮒寿司動画

1 2