1. まとめトップ

芥川賞作家・羽田圭介が毎日食べている「鳥はむ」のルーツとは!

又吉さんと一緒に芥川賞を受賞した羽田さん。今や芸人なみにTVに出まくっていますが、そんな羽田さんが自分で作って毎日食べているのが「鳥はむ」です。それって誰が考えた食べ物なのでしょうか?

更新日: 2016年01月19日

8 お気に入り 46665 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tokiokakeruさん

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は日本の小説家。東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町出身。明治大学商学部卒業。

2010年、第四作「ミート・ザ・ビート」で第142回芥川賞候補。
2012年、「ワタクシハ」で第33回野間文芸新人賞候補。
2013年、「盗まれた顔」で第16回大藪春彦賞候補。
2014年、「メタモルフォシス」で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。
2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞候補。同年7月16日、又吉直樹の『火花』と共に『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞した。

ピース・又吉直樹と同時に芥川賞を受賞した作家・羽田圭介氏のキャラクターが、“芸人以上に面白い”として話題となり、テレビでの露出が激増している。

そんな羽田さんが、毎日食べているのが「鳥はむ」だという

【羽田圭介】は、普段外食はまったくしないそうです。
男性なのにスゴイですね・・・
料理は、業務用スーパーで4キロの鶏肉を買って帰りいきなり
その4キロの鶏肉を袋から取り出し、シンクの中に豪快に直接入れ
おもむろに鶏肉を洗ってざるにあげる。
塩と砂糖を鶏肉にまぶし、ナイロン袋に入れ口を縛り鍋に入れて煮立たせる。

料理作るときは、業務用スーパーで大量に材料を買ってきて。
3日前も鶏肉4キロ買ってきて、鶏ハム全部をそれで作ったりとか。そんな感じですね」
「鶏ハム?」
「鶏ハムは脂肪とかもないんで、やっぱり筋肉にいいんですよ。
で、そこそこおいしいですし」

羽田圭介は毎日朝昼晩鳥ハムらしいし、俺の棒棒鶏生活も…

鶏肉4キロを一気に蒸して、鶏ハムを作り冷凍庫でストック。
鶏ハムサラダ、納豆、味噌汁、ご飯のセットを毎日3食このメニューを続けて食べており、動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方が摂れて効率的と偏食気味。

何となく低脂肪、高タンパクで体にいい食品ということは理解できたけど、実際「鳥はむ」ってどんな食べ物??なぜ「ハム」ではない!

それはこのメニューが考えだされたルーツに秘密があったのです!

鳥はむ(とりはむ)とは、ハム状の食感を持つ鶏肉料理。
鳥胸肉を使い、燻製の手順を踏まないなど、一般的なハムとは材料や調理法が大きく異なる。「2ちゃんねる」の利用者により考案された。

食感は名前通り、ハムによく似ている。
良質なたんぱく質が多く含まれており、皮を取るとさらに低脂肪である。また、一般のハムに使用されている合成保存料、酸化防止剤、糊料、発色剤などを使用していないため、一般的なハムと異なり保存に注意が必要である。鶏肉の中でも安い胸肉をいかにおいしく食べるかを目的に実験を重ね工夫されたものであり、材料費が安い事も特徴である。

「鳥ハム」ではなく「鳥はむ」が正式名称らしい!!

2001年4月3日に2ちゃんねるの料理板内のスレッド「鶏肉 むねVSもも」の中において、考案者(投稿番号89)がレシピの書き込みを行った。当初は「鷄ハム」表記が多勢であったが、同年5月30日に独立した「鳥はむスレッド」が作成され、「鳥はむ」表記がこの時に初登場し、徐々にこの表記が主流となっていった。これらの要因から、2ちゃんねる発祥の料理として、インターネット上に派生・一般化していった。

当初のレシピは「鳥の胸肉に、塩、胡椒などをすり込み、ジッパーつき食品保存袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で2日間ほど保存した後15分程茹でる」というもの。レシピ登場から十数年経過後においても基本レシピに変化はないが、個々のアイデアによって様々な工夫やバリエーションが生み出されている。

その後、TBSのはなまるマーケットで取り上げられ大きな話題に!

2006年4月3日放送の『はなまるマーケット』のコーナー「とくまる」(テーマ:鳥ムネ肉) にて、簡単な歴史や多少改変されたレシピが紹介された。放送後視聴者の反響が非常に大きかったこともあって同年8月16日放送「しってとくまるグランプリ」“しって得するおいしさアップ術”部門の最優秀作品となる。

NHKの「今日の料理」やクックパッドでも紹介されました

脇屋さんの「香味鶏ハム」は、しっとりジューシー。口の中に奥深い香りが広がり、何とも言えないおいしさです!さすがシェフの味。

タモリさんもお気に入りの様子

2011年6月23日の笑っていいとも!のテレフォンショッキング(*1) のコーナー内で、タモリさんが、この日のゲストのw-inds.の3人に、「鶏の胸肉ってさ~、あの~簡単でおいしい方法教えようか?」と、自慢のレシピを紹介していました。

ということで今や色々なレシピが紹介されており、今やクックパッドの「鶏はむレシピ」は2,000種類以上にもなります

1 2