1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

[2015年版]第67回阪神ジュベナイルフィリーズ結果

2015年 阪神ジュベナイルF 2015年12月13日(日) 阪神11R 芝1600m 良 18頭


阪神ジュベナイルフィリーズ2015

1着 2 メジャーエンブレム 2.5倍(1人気) C.ルメール 1:34.5 96.4
2着 13 ウインファビラス 33.3倍(10人気) 松岡正海 2 94.1
3着 11 ブランボヌール 7.8倍(3人気) 岩田康誠 1 1/4 92.6

単勝 2 250円(1人気) 3連複 2-11-13 7,640円(23人気)
馬連 2-13 3,500円(9人気) 3連単 2→13→11 39,480円(115人気)

枠番 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 厩舎
1 1 アドマイヤリード 牝2 54.0 菱田 松田博
1 2 メジャーエンブレム 牝2 54.0 ルメール 田村
2 3 マシェリガール 牝2 54.0 横山典 菅原
2 4 クードラパン 牝2 54.0 田辺 久保田
3 5 ペルソナリテ 牝2 54.0 柴田大 相沢
3 6 メイショウスイヅキ 牝2 54.0 池添 本田
4 7 クロコスミア 牝2 54.0 勝浦 西浦
4 8 メジャータイフーン 牝2 54.0 川島 高柳
5 9 アットザシーサイド 牝2 54.0 三浦 浅見
5 10 ペプチドサプル 牝2 54.0 古川 木原
6 11 ブランボヌール 牝2 54.0 岩田 中竹
6 12 ウインミレーユ 牝2 54.0 松山 梅田
7 13 ウインファビラス 牝2 54.0 松岡 畠山
7 14 ジェントルハート 牝2 54.0 藤岡康 佐々木
7 15 キャンディバローズ 牝2 54.0 アッゼニ 矢作
8 16 キリシマオジョウ 牝2 54.0 小牧 橋口弘
8 17 デンコウアンジュ 牝2 54.0 川田 荒川
8 18 メジェルダ 牝2 54.0 四位 昆

■過去データ分析と2015年版の予想

5番人気以内の馬が優勢


過去10年の単勝人気別成績を調べると、最も勝率が高いのは「5番人気」で、それに「1番人気」と「4番人気」が続いている。3着内率では「1番人気」・「2番人気」・「4番人気」が50.0%でトップタイとなっており、「3番人気」を除けば上位人気馬の好走率に大きな差はない。それに続く「6~9番人気」からは7頭が3着以内に入っているが、「10番人気以下」の馬で3着以内に入ったのはわずか2頭にとどまっており、下位人気馬が上位に食い込む可能性はあまり高くないようだ。

2014年はショウナンアデラが豪脚を伸ばして差し切った

ショウナンアデラも単勝5番人気だった。

過去2走の着順に注目


2009年以降の過去6年の優勝馬について、過去2走の着順を調べると、4頭が過去2走ともに勝利しており、1頭は前走がデビュー戦で1着、残る1頭は「前々走1着→前走2着」という成績だった。〔表4〕の項目で「4着以下に負けた経験のある馬は苦戦」という傾向を取り上げたが、優勝馬を検討する際は過去2走とも連対しているような馬に注目したい。
年度 優勝馬     前々走の着順 前走の着順
09年 アパパネ      1着 1着
10年 レーヴディソール  1着 1着
11年 ジョワドヴィーヴル  - 1着
12年 ローブティサージュ 1着 2着
13年 レッドリヴェール  1着 1着
14年 ショウナンアデラ  1着 1着

※ 2011年のジョワドヴィーヴルはキャリア1戦だった

コースが改修された06年以降のデータを参照すると
1番人気(2-2-1-3)で複勝率62.5%ならまずまず
4番人気までは単勝1倍台であればそれほど差はない。
気になるのは人気薄8番人気の活躍で(0-2-2-4)で50%の確率で馬券に絡んでいる

■勝ち馬は5番人気以内

過去9年の人気別成績は、1番人気馬が【2.2.1.4】。10年のレーヴディソールら2勝で、連帯率44.4%・複勝率55.6%とやや低い。2番人気馬は【1.1.2.5】で09年のアパパネが勝利。以下、3番人気が1勝、4番人気馬が2勝、5番人気馬が最多の3勝。勝ち馬はすべて5番人気以内の馬だった。

昨年のショウナンアデラらここ三年続けて5番人気馬が勝利

2着、3着馬は下位人気まで分布しているが2桁人気馬の激走は12年に一回と少ない。
馬連での万馬券は波乱となった12年のみで、それ以外は比較的硬い決着

■キャリア2戦の馬が最多の5勝

1戦【1.1.2.12】複勝率25.0%
2戦【5.1.2.16】勝率20.8%、連帯率25.0%、複勝率33.3%
3戦【3.2.2.52】出走数最多だが、連帯率8.5%、複勝率11.9%と低い。
4戦【0.4.2.30】勝ち星こそないが2着4回で連帯率11.1%
5戦以上【0.1.1.25】で苦戦傾向

今年の有力馬は・・・・

今回(2015年)の阪神JFの特徴は武豊騎手や戸崎騎手、デムーロ騎手といった有力騎手がいずれも香港遠征で不在のため、騎手の乗り替わりが非常に多いこと。ましてや2歳牝馬で難しい馬も多く乗り替わりで力を出し切れるかどうか。大きな波乱の予感もする阪神JFとなりそう。

■枠順傾向

7枠と1枠、8枠が複数優勝回数を記録。連帯率は1枠、5枠6枠がやや有利。複勝率は5枠がトップ。ただ、基本的には枠順の有利不利はないコース。あまり気にしなくてもよい。

■脚質傾向

06年以降、逃げ馬の成績は【0.0.1.8】。好走したのは06年の2番人気ルミナスハーバーのみ先行馬の成績は【0.3.2.28】。未勝利かつ好走馬も5頭しかいない。
そして差し馬は【8.4.4.55】。圧倒的な好成績で勝ち馬の大半を占める。
なお、追い込み馬は【1.2.2.44】という成績。

■一番人気信頼度⇒やや低い

■有利な枠順⇒フラット

■有利な脚質⇒差し、追い込み

■ポイント⇒瞬発力、素質

【阪神JF登録馬】混戦の主役はメジャーエンブレム:  2歳女王決定戦・第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=12月13日、阪神芝外1600メートル)の登録馬が29日、別表の通り発表された。来年のクラシックを狙う素質馬... bit.ly/1PmaeXa

1 2