1. まとめトップ

スプーン1杯の美容法♡エゴマ油で簡単アンチエイジング!

えごま油にはアンチエイジングにもってこいの成分α-リノレン酸が含まれている為、サラダにかけたりと毎日コツコツ摂取したい食品でした。最近TVでも健康&美容にぴったりだと話題になっています。摂取しすぎも良くないみたいなので適量を毎日摂取しましょう!

更新日: 2016年02月19日

11 お気に入り 6983 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kzkaycさん

エゴマ油は現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が豊富に含まれている!

えごまは、油脂の原料となる種子で、オメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸が豊富に含まれており、健康的な食生活に欠かせない油として注目されています。

お医者さんが認知症対策におすすめする、えごま油。 日本でも、縄文時代の遺跡から種子が発見されるなど古くから食用にされてきた植物と言われています。

えごま油の脂質のほどんどが、体内では作れない必須脂肪酸のα-リノレン酸です。α-リノレン酸は、多価不飽和脂肪酸で、体内では作りだすことができない必須脂肪酸です。

α-リノレン酸には美容にも健康にも良い効果が!

血管を強く、しなやかに若返らせる効果

認知症予防効果(脳細胞の活性化)

うつ病改善効果

視力回復:エゴマ油に含まれているDHAは目の網膜が使う成分なので補うと効果あり

えごま油の血液をさらさらにする成分がのがアンチエイジングに効果的だった♡

血液がサラサラとした状態でいると、肌のターンオーバーは正常になり、くすみやニキビなどの肌トラブルが無くなり、常に若々しい肌をキープできるようになるのです。そんな好循環を生み出してくれるのが、えごま油

えごま油に含まれる必須脂肪酸のα-リノレン酸が血液がキレイでサラサラとした状態に整えてくれるので、毎日欠かさずに摂ることで、細胞からの若返りが期待できる

1日ティースプーン1杯が適量!

目標量は、1日2g以上と言われている。量にすると小さじ1杯程度で良い。

しかし、えごま油の成分はn-3系脂肪酸が約半分以上を占めているため、摂取する際は目安量に心がける必要があり、さらにα-リノレン酸を過剰摂取すると前立腺がんになるという報告が欧米でされている。

えごま油の上手な摂取法!

えごま油は酸化しやすく、特に酸素に触れたり、加熱すると酸化スピードは速まる。

酸化してしまうと、摂取したときの効果が薄れてしまう場合がある。

効果を下げずに上手に摂取するには、そのまま摂取するか、ドレッシングオイルとして料理に用いると良い。

料理に使って毎日欠かさず摂れるオススメレシピ♡

トーストに…バターの変わりにえごま油を使い、軽く塩を振る

ドレッシングに…オリーブオイルなどの変わりに、えごま油を使う

納豆に…納豆にかけると、コクが出てより一層美味しくなる

1 2