1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

下町ロケット佃航平が熱い…情熱的に生きる為のヒントが興味深い

人気連続ドラマ「下町ロケット」が佃製作所の社長を演じる阿部寛さんをはじめ、アクの強い俳優陣の共演で話題になっていますが、主人公の阿部寛さんが、演じる佃航平が熱い!情熱的なキャラが魅了的です。そんな情熱的に生きる為のヒントを紹介します。

更新日: 2015年12月06日

105 お気に入り 43134 view
お気に入り追加

好調が続く連続ドラマ『下町ロケット』

ガウディ計画編”も始まって、ますます絶好調の『下町ロケット』

ガチンコでぶつかる熱き男たちの群像劇に毎週固唾を呑んでいる方も多いのではないでしょうか。

阿部寛演じる佃航平の熱血社長ぶりはいうに及ばず、立川談春扮する殿村部長の男泣きシーン、渋い白髪頭の財前部長役が大きな反響

佃航平が、ライバル企業や巨大な壁に阻まれながらも仲間と共に夢を追う姿が描かれるエンターテインメント巨編。

下町ロケットおもしろい(T ^ T)!ちゃんと1話から見直そう〜 仕事がんばるおっちゃん達がかっこよすぎる(T ^ T)

下町ロケットってこんなにおもしろいのか!! 見なかった自分をぶん殴ってやりたいよ

阿部寛さん演じる佃航平のキャラが話題に

どことなく損をしていて可哀想な存在。でも曲がったことをしていない、まっすぐで応援したくなる人物

「町工場の意地を見せてやろうぜ」と張り切り、帝国重工のムチャぶりに応える。

視聴者は、ドラマに見入りながら、阿部の人間性がにじみでるキャラクターに共感し、佃の人生を深く見守ってしまうのかも

ときには社員を怒鳴りつけ、ときには娘の前で涙を流します。なんとも人間臭い“ザ・オッサン”

あと阿部寛が佃航平ってのがいいね、モノづくりに対する情熱の表現が違う

確かに仕事はお金を稼ぐ事がまず第一にあるけど、下町ロケットにあったようにそこに夢や情熱を少しでも上乗せ出来たら、それは必ず自分に良い形で返ってくると思う。もうすぐ世に出て行く製品の事が愛おしく感じる。沢山の音楽やる人に気に入ってもらえると良いな。

そんな情熱的な人の特徴は

イメージが明確次にすべきことを知っているいつも前を向いている。今の姿より、将来の姿をイメージしている。

感情的ではないが、情熱的、社会や会社への貢献といった形で情熱的に行動出来る人です。

では、情熱的に生きる為のヒントは...

あなたは1年後、どうなっていると思いますか?

人生は短いと焦ってはいけませんが、短いと思うからこそ、情熱を燃やせる何かを見つけることが出来ます。

「自分だって死ぬ」ということを、なるべく早く心に刻んだほうが良い。「人生には期限がある」と覚悟すると…

作家のイサベル・アジェンデは71歳です。­情熱的な生き方を続ける意気込みを語ります。

あらゆる年齢層の視聴者に向けられたこの率直なトークで、年を取ることへの不安と、情熱的な生き方を続ける意気込みを語ります。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する