1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

業務が忙しすぎ!?…「ペヤング」ソフトボール部が全員退社する事態に

ソフトボールの日本女子リーグ1部「ペヤング」の全選手約20人が今月末で退社することが分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年12月07日

3 お気に入り 23128 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○女子ソフトボール ペヤングが休部

ソフトボールの日本リーグ女子1部のペヤングが部員不足のため、休部することが5日、分かった。

「ペヤングソースやきそば」の生産業務が多忙となり、10人以上が退部を決断したことが引き金となった。

チーム関係者によると、今季終了後、約20人の所属選手のうち10人以上が引退を申し出たため、残った人数では試合が出来ない状況に陥った。

○ごきぶりの混入で約5か月間生産を自粛

2014年(平成26年)12月2日、購入客が「ペヤングからゴキブリ出てきた」というメッセージと、油揚げ麺の内部にゴキブリとみられる虫が入り込んでいる画像をツイッターに投稿した。

「製造過程での混入の可能性が否定できない」と改め、本社工場・赤堀工場での生産を停止し、ペヤング全商品を販売休止とした。

○販売を再開すると追加注文が殺到

6月に関東地区で販売を再開すると、わずか2日間で400万食が売れ、生産能力の3倍近い追加注文が殺到した。

本社がある群馬・伊勢崎市の工場は、現在でも24時間昼夜二交代制でフル稼働を続けている。

○業務多忙で練習時間は大きく減った

6月以降は「早番」シフトで午前5時から午後1時まで働いている。3時間程度の残業日もある。

練習時間は大きく減り、今季は3勝19敗。低迷した昨年と同じく12チーム中11位と巻き返せず、10月に行われた1部・2部入れ替え戦で辛くも残留を決めた。

○その結果、約20人の部員の大半が退部

「ペヤング」は「まるか食品」(本社・伊勢崎市)が2009年に設立し、10年から日本リーグ2部に参戦。

入れ替え戦の末に1部残留を決めたもののシーズン終了後に約20人の部員の大半が退部し「試合をするのが難しくなった」と説明しているという。

田上監督は「こういう形で終わってしまうのはとても残念。残った選手たちの移籍先などを探したい」と話した。

○このニュースについて話題になっている

ペヤングの混入問題が片付いたら生産が忙しくなりすぎて練習が出来ずソフト部が消滅危機って気の毒過ぎる

女子ソフトのペヤングが部員不足で休部とかショック〜 ペヤングで働けばソフトやれるのか〜

ペヤングのソフト部の人、通常のときも業務が朝7:30から昼まで、午後全体練習で夜2時間くらい自己練とかぱないハードなのだなあ

プロ野球・サッカー等のプロ選手契約のニュース、その裏でペヤングのソフトチームの消滅。仕事忙しく練習大変で疲弊退部→部員不足?偏ったこの国のスポーツ事情。金メダルとか騒ぐなら、援助。援助は新国立に消える?スポーツ振興の闇。

まるか食品さん ヤフーニュースの ペヤング女子ソフトのお話しは 大筋で、本当なんでしょうか 製造が間に合わないので 人手が必要とされて 練習時間が減ったことが 多くの選手がチームを離れた 原因って チョット悲しい

○チームを再編し復帰なるか

同部は日本ソフトボール協会に、「チームを再編できれば復帰したい」と伝えている。

1 2