1. まとめトップ

【大宮】人気の居酒屋さん20選【埼玉】

埼玉県の大宮周辺で人気の居酒屋さんをまとめました

更新日: 2015年12月07日

5 お気に入り 84745 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■No.1

店名:たちのみいしまる
電話番号:048-871-7244
ジャンル:居酒屋、立ち飲み居酒屋・バー、日本酒
予算:夜の予算¥2,000~¥2,999
定休日:日曜・祝日
評価:3.56

<口コミ>

そして、早速この日のブログセットの「鴨のパストラミ」と「茶豆」が到着。

鴨のパストラミは、身のしまり具合、コク、脂の乗り具合が申し分なく美味い。
コショウがいいアクセントになっている。それにしても量もあるし、この値段でいただくのが申し訳なくなる。

茶豆もコクがあり、いい感じだ。

ついでこれまたブログセットの酒「ほまれ」を頼み、一緒にいただくが、これもこの値段で頂けるのだから文句はないし充分美味い。

その後、セットの最後の品「湯奴」が登場したので日本酒の「わかなみ」を注文。

わかなみはきりっとしまった味で、割と強めの風味ながら、なおかつ後味はサラサラたなびく感じで美味い。

そして最後にもう一品「もろきゅう」を注文。
確か¥300だったが量が半端なく面喰う。これだけでかなり酒が進みそうだ。

金山寺味噌ではなく、東松山の焼きトンで使うようなからし味噌なのだが、これが瑞々しいきゅうりと相性良く酒が進む。

<写真>

■No.2

店名:クイット(KUITTO)
電話番号:048-789-6132
ジャンル:居酒屋、日本酒、焼酎
予算:夜の予算¥3,000~¥3,999
定休日:日曜日
評価:3.55

<口コミ>

日本酒好きの私には嬉しく豊富な品揃え。
しかも、栃木県湯西川温泉の名旅館「本家伴久旅館」の大杯でも使用している福島県南会津郡の銘酒「国権酒造」の山廃純米にごり(夏だけの限定酒)があり、栃木の日々を想い出し胸が熱くなる。
「さぁ!今宵は片っ端から呑もう!」これから家族が待つ家に帰る部下がセーブする中、次々に杯を空け、北から順番に”辛口”マーク「◎」が付く日本酒を頼んでいく。「う~ん!これは淡麗、こっちはコクが深い」勝手な評論を展開しながら結局一升近く呑んでしまった。(笑)←親の小言と冷酒は後になって効くことを、この後、身を持って体験することに…

 日本酒に比べ、料理の値段が極端に安い。
どの料理を頼んでもボリュームもあり¥300代~¥600代までと財布に優しい。「名物的に分厚いハムかつ」は大きくカットされたカツが6個で¥580.-と素晴らしいCPを見せている。「食べログ」には「ハムかつ部」なるコミュニティがあるが、此処の逸品は”ハムかつ”で有名な新橋の「大露路」にも負けず劣らずの大迫力。果たして「ハムかつ部」は此処を制覇したのだろうか?

<写真>

■No.3

店名:いづみや 第二支店
電話番号:048-641-2881
ジャンル:居酒屋、定食・食堂、ラーメン
予算:夜の予算¥1,000~¥1,999昼の予算¥1,000~¥1,999
定休日:不明
評価:3.54

<口コミ>

店に入ると昭和の大衆酒場という雰囲気、席は8割がた埋まっている。
おやじさんに案内され、長テーブルの1番端に座る。
早速ビール大瓶510円と煮込み170円を注文する。
ここは生ビール中が600円、珍しいことに大瓶より高いが、
ここの中生はかなり大きい。
昔は大ジョッキが約800ml、中ジョッキが500ml位だったと思うが
最近は大ジョッキはほとんど見かけず、中ジョッキといっても400ml程度、
ここのジョッキはほぼ1サイズ大き目のようだ。

煮込みは170円と安いがお通し並みの小サイズ、だが一人には嬉しい量だ。
名物というだけあって、量は少ないもののモツの旨みが感じられる。
それにしても体調が悪いのか?ビール1本で腹が膨れてきたので追加注文はやめておく。
なので会計はわずか680円、人形町じゃランチも食べられないような低価格だ。

<写真>

1 2 3 4 5 6 7