1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Kenji1985さん

猫を右の画風で描くと・・・

あっという間に猫の絵画に⁉︎

もっと画像を見たい人はこちらへ

どうやってやるの??キーワードは流行りのディープラーニング技術

ディープラーニングの考えのもととなっているニューラルネットワークは、人間の脳神経回路を真似することによってデータを分類しようというアイデアに基づくアルゴリズムです。

大量の写真を読み込ませることで、それぞれを区別する「概念」を自ら創り出す。未知の写真を読み込ませると、自ら作った「概念」に照らし合わせcatに相当すると判断する。名前を答えさせるためには、人間がそれを教えなくてはならないが、「概念」を創り出すことは、人工知能自身が自ら行う。

でもどうやって画風変換するの?

猫の概念に別の画像のスタイルを付加すれば良い

この絵から分かるのは、まず、CNNを10層以上進んでも、元画像のかなりの情報が残っているということです。一方で、色合いや質感は、元画像から少し変わっています。このことは、もともとこのCNNが物体認識のタスク用で、多少色合いや質感が変わっても物体は同じ物体とみなしてほしいため、その情報を、形などの情報と比較して相対的に弱めているからと考えられます。
本研究のアイデアは、この情報が弱まっている部分を、別の画像の画風に置き換えてやれば、コンテンツ画像の形状を保ったまま別の画風に画像を変換できるのではないか、ということになります。

1