1. まとめトップ

いまさら聞けない(´・_・`) ラズベリーパイとは?そして何ができる?

教育用PCとして発売されたラズベリーパイ。そもそもラズベリーパイとは何なのか?そしてなぜこんなに売れているのか?何ができるのか?など今更聞きにくいことをわかりやすく簡単にまとめました。

更新日: 2016年03月24日

26 お気に入り 353762 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ponpokopunさん

そもそもラズベリーパイとは?

簡単にざっくり言うと超低スペックなPCです。

てことは、PCとしてつかえる?

USBがついてるのでマウス、キーボードをつなげて操作できます。

なのでみなさんが今使ってPCでやってることはほぼできます。

ネットを見たり、動画や、音楽を再生したり。

office系のソフトもあり、ゲームのマインクラフトだってできるんです!

ただ、低スペックなので快適ではないこともありますが、、

ラズベリーパイにマインクラフトをインストールして、起動させている動画です。

OSは?何が使えるの?

raspbianというラズベリーパイに最適化されたLinuxベースのフリーOSがよくつかわれています。

このOSはWindowsやMACと違い、基本はコマンドという作業でソフトやドライバをインストールするため慣れるまでは少々ハードルが高く、またWindowsやMACに比べるとソフトも少ないです、、

しかしこのLinuxは色々な所で使われているすごいOSなんです。

決して怪しいOSでは無く、むしろものすごくしっかりしたまともな信頼できるOSなんです。

例えばスマホのOS、Android、実はこのlinuxをベースに作られてたりするんですよ。

raspbianを起動させ、コマンドを使って

デスクトップ画面をモニタに映した画像です。

windowsに近いデスクトップ画面ですね。

ではなぜWindowsやMacに比べ、ソフトも少なく、操作にコマンド入力が必要なこのPCがこんなに人気になったのか?

まず価格です。スペックが低いこともありわずか35ドルです。

安いだけでこんなに売れたの?

ラズベリーパイ発売当初は低スペックと言えどこの価格でちゃんとしたOSが動くPCはほぼ無く、話題となり生産が追いつかないほど爆発的に売れたんです。

愛好者達はあんなものからこんなものまで作りだしました。

そしてそのラズベリーパイの愛好者たちがラズベリーパイを使って色々作りだしました。

本来は教育用PCとして出したんですが35ドルでなんで遊ぶにはちょうど良かったんでしょう。

そうして話題が話題を呼び、発売から約2年半、2014年6月に世界累計販売台数が300万台を突破

そんな中でOSも何かに特化したOSが作られ、公開されました。

音楽再生に特化した「volumio」、動画再生などメディアプレイヤーに特化した「OSMC」等々、様々なOSが公開されてます。面白いところでは一時ブームになったBitCoinの採掘に特化したOSまであったんですよ。

さらにGPIOピン、これがラズベリーパイの面白さをさらに増してます。

そもそもパソコンはネットを見るためだけではありません。

また、ソフトをインストールしてデジタルデータを加工するためだけでもありません。

ハードの操作もできるんです。

Windowsもしっかりハードを動かしてます。

ATMや、電光掲示板、特殊な実験装置や機械の操作にWindowsやマックが使われてたりします。

自宅のPCでプリンタから印刷、これも立派なハードの制御ですね。

ラズベリーパイにはGPIOと呼ばれるピンが立っており、

このGPIOは色々な信号や通信を行うピン端子です。

このピンを使ったハードの操作もラズベリーパイの醍醐味なのです。

ラズベリーパイは普段使ってるPCのような使い方もある程度できて、GPIOピンを使ってハードの制御までできる低価格PCなのです。

1 2 3