出典 livedoor.blogimg.jp

ブレイン・ボイヤー

2013年
中継ぎ要員として登板を重ねていたが、150 km/h台の速球を連投しても相手打者から空振りを奪えないという弱点を露呈。次第に集中打を浴びるようになった。