1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pentascaleさん

「カムチャッカ富士」クリチェフスカヤ火山

千島列島の北、ユーラシア大陸の北東の端にぶら下がるように存在するカムチャツカ半島。手付かずの自然がここには果てしなく広がっています。

「カムチャッカ富士」ことクリチェフスカヤ火山の映像。
朝焼けのクリチェフスカヤ火山は3:28から
望遠で撮影されたクリチェフスカヤ火山は6:35から
大迫力!

クリュチェフスカヤ山(Klyuchevskaya Sopka、ロシア語: Ключевская сопка)は、カムチャツカ半島の最高峰で、ユーラシア大陸最高峰の活火山でもある。
ウシュコフスキ火山(en)、カーメン火山(en)、他と連山をなす成層火山で、見る方向によっては富士山によく似ていることからカムチャツカ富士ともよばれる。標高は4,750mであるが、火山活動によって標高は変化する。山頂部の主火口のほか、山腹には多数の側火口を持つ。

富士山の標高3,776 mよりも 1,000 m ほど高い!

過酷な自然環境

上記リンクから転載。積雪量が半端ではない。

それでも行く人たち。旅行記も散見される

息をのむ美しさ。NHKにも映像あり。

NHKのシリーズ「世界の名峰 グレートサミッツ エピソード100」で5回にわたり放送されていた。それぞれ10分間の映像。

レビューとキャプチャ画像はこちら

1