1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

わが国では、年間約3万人が孤独死しているといわれています。しかし、国がその実態把握を行っていないため、正確な数字は分かっていません。

 そのため、日本の孤独死の実態は、まだまだブラックボックスの中だといえます。孤独死に関するデータは、わずかしか出てきていないのが現状ですが、筆者は、前の居住者が部屋で亡くなるなどした「事故物件」の本を出したことをきっかけに興味を持ち、孤独死という現象を4年以上追い続けてきました。

 取材の中で、数えきれないほどの現場に立ち会ってきましたが、その現場は壮絶で、悲惨そのものです。

孤独死の半数以上が65歳未満
 孤独死というと、これまで高齢者の問題だと思われがちでしたが、それを覆す驚きのレポートが5月17日に発表されました。一般社団法人日本少額短期保険協会・孤独死対策委員会の「孤独死現状レポート」によると、孤独死の平均年齢は61歳で、高齢者に満たない年齢での孤独死はなんと、全体の5割を超えるということが分かったのです。

 このレポートでは、地域別でも孤独死の平均年齢を割り出していますが、九州地区の孤独死の平均年齢はなんと、55.8歳という若さです。そして、その8割は男性です。また、発見されるまでの平均日数は17日。亡くなってから2週間以上発見されないという、痛ましい現実が浮き彫りになってきます。

 筆者自身、取材で数々の孤独死現場に入っていますが、このレポートはまさに今、日本社会でこの瞬間にも起こっている孤独死の現状を表していると感じました。高齢者はたとえ孤独死したとしても、早めに見つかることが多いのです。介護保険によるサポートや民生委員、地域の見守りが手厚いという理由があります。

独死するのは男性だけではありません。

亡くなったお母さんは70歳前後、おそらく健康だったのでしょう。

深刻な持病があれば、心配して息子さんがもっとひんぱんに連絡したでしょうし、
あるいは一人暮らしではなく同居していたに違いありません。

まさか御本人もそして家族も急死するとは思ってもいなかったのでしょう。

汚染のひどい千葉県なので、被ばくが原因である可能性大です。

「警察官は急に慌てた様子を見せた」ということですが、この警官の様子から、
ひんぱんに孤独死があるということがうかがえます。

たとえ自分は若い、健康だと思っていても、内部被ばくにより心不全や脳卒中で
急死する可能性があります。

一人暮らしはなるべく避けましょう。
このお母さんも誰かと住んでいたら、すぐ救急車を呼んでもらい助かったかも知れません。

一人暮らしをする人は、家族や友人とひんぱんに連絡を取り合い、
万一、音信不通になったら、すぐ来てもらうように頼んでおきましょう。

特殊清掃現場のほとんどがセルフ・ネグレクト

 私が初めて取材で入った特殊清掃の現場は、このセルフ・ネグレクトの男性の部屋だった。妻子との離婚後、男性は1人で生活していたらしい。ほこりを被った段ボール箱からは、ありし日の妻子と写った写真が出てきた。

 畳の上には、ベッチャリとした繊維質の黒い塊があって、それが頭皮ごと剥がれ落ちた髪の束であることにすぐ気づいた。当然遺体本体はそこにはないが、警察が遺していった、男性の「落とし物」に、思わずぞくりとさせられた。

セルフ・ネグレクト――。一般的には聞きなれない言葉かもしれないが、特殊清掃の世界ではまるで日常用語のように使用されている。拙著『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』でも詳しく追っているが、彼らが請け負う案件の傾向をみているとその理由がよくわかる。そのぐらい、セルフ・ネグレクトと孤独死とは切っても切れないつながりがある。

東京五輪に向けて一段と注目が集まる首都圏。一見、好景気に沸くエリアも災害リスクや地価下落、さらにはご近所トラブルなどが潜む。そこで、首都圏の「ヤバい街」を各ジャンルのプロが指摘。人気な街の“意外な顔”が明らかになる!

◆孤独死が多い街

「この物件は孤独死した50代の男性住人の遺体と一緒に、ペットの猫が腐敗した死骸となって十何匹も発見されています。バブル期には投資用物件として人気でしたが、今は家賃が下がって所得がそれほど高くない人も入居するようになり、開かずの間が増えているんですよ」

 現場となったのは都内の某人気エリアのマンションの一室。鼻を突く獣臭が漂う部屋の中で、淡々と状況を語るのは事件現場清掃会社の高江洲敦氏。そんなプロの特殊清掃人の経験から「孤独死が多い街」とその共通点を探る。

介護士が圧倒的に不足している。その状況で介護施設なんか建てて大丈夫なのか、と聞かれます。でも一方で、家でお年寄りの介護に疲れている方もたくさんいるんです。それならその方々を、介護職員として雇ってしまえばいいんじゃないかと思って」

 つまり家庭内の介護の代わりに、要介護者は患者、介護者は職員として施設に迎え入れる、という新しい形の施設だと言うのです。

 家庭での介護と、介護職員としての介護。仕事の内容事態はあまり変わらないように見えますが

無届け介護ハウスの実態は

そのひとつ、名古屋市の住宅街にある施設をわたしたちは4か月にわたり取材しました。

ニュース画像

空き家だった一軒家を使ったこの「無届け介護ハウス」では合わせて10人の高齢者が暮らしていました。有料老人ホームに対する国のガイドラインで求められている個室ではなく、スプリンクラーもありません。月々の利用料は食費も込みで10万円ほどと一般の有料老人ホームの平均より15万円安くなっています。設備にコストをかけていないことに加え、介護保険から支払われる訪問介護の報酬を自治体から得ているからです。3年前にオープンして以降、施設は常に満員だといいます。

中間層でも無届けに

【特集・急増する「無届け介護ハウス」】 有料老人ホームにあたるのに届け出を行わず一軒家などで高齢者に介護サービスを提供する「無届け介護ハウス」が急増しています。背景には自宅での介護が難しく施設にも入れない高齢者の存在があります。… twitter.com/nhk_seikatsu/s…

【特集・急増する「無届け介護ハウス」】 有料老人ホームにあたるのに届け出を行わず一軒家などで高齢者に介護サービスを提供する「無届け介護ハウス」が急増しています。背景には自宅での介護が難しく施設にも入れない高齢者の存在があります。 www3.nhk.or.jp/news/web_tokus…

孤独死や無縁死は最近話題になっていますね。無縁死はNHKがドキュメンタリー番組で使った造語です。

私なりの言葉の定義は「誰にも看取られれることなく亡くなり、死後、相当時間が経過してから発見される死」のことだと考えます。
ですから、一人暮らしや単身世帯の場合、老若男女を問わず「友人知人が子供がいても孤独死とか無縁死する場合」はあり得ます。

残念なことですが中高年男性の孤独死、若者や姉妹兄弟での餓死、母子の餓死など多くの事例がマスコミで報じられています

1