1. まとめトップ

牛丼3カ月間連続で食べたらどうなるの?…吉野家が研究結果を公表

吉野家ホールディングスは9日、牛丼の具を3カ月間毎日食べ続けた場合の身体への影響を調べた実験結果を発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年12月10日

1 お気に入り 4108 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○吉野家牛丼を3カ月間連続で食べたら体はどうなる?

吉野家ホールディングスは9日、牛丼の具を3カ月間毎日食べ続けた場合の身体への影響を調べた実験結果を発表した。

成人の男女24人を対象に実験前後の体脂肪率や血糖値などを調べた結果、特に変化は起きなかったという。

○丼物は健康に悪いというイメージが付きまとう

「吉野家の牛丼の具」の長期連続摂取に関する研究。

24時間営業の店でも手軽に食べられますが、ダイエットには向かない高カロリーなイメージですよね。

「丼物=健康に悪い」というイメージを払拭したい――。そんなことから吉野家HDが始めた実験でした。

○冷凍牛丼の具材を3カ月間食べ続ける

成人男女24人に対して毎日1食は必ず牛丼を入れた食事を12週(約3ヶ月)連続で食べたらどうなるか、というもの。

4~10月にかけて吉野家が販売する冷凍牛丼の具材を3カ月間、毎日1食、被験者に食べてもらった。

○運動や食事制限なし

実験中は日常と同じ生活を送ってもらい、牛丼の具を食べる以外は特に運動をしたり、食事制限をしたりはしていない。

○被験者は毎日日誌に記入

実験の開始前後で体重や血圧、BMI値や体脂肪率などがどのように変化したのか、検査を受けました。

ちなみに、こうしたちょっと過酷と思える実験でも、ドロップアウトした人は一人もいなかったそうです。

○調査では数値の変動は無かった

その結果、体重や体脂肪率、血圧などに特に変化は見られず、血液検査でも中性脂肪やコレステロール類の数値の変動は無かったとしている。

牛丼を3カ月連続で食べ続けても、体重や体脂肪率が変化したり、血液データに影響を与えたりしたという事実は、調査では「なかった」という結論です。

○このニュースについてネットでも話題になっている

1 2