1. まとめトップ

京都 知識 不思議

更新日: 2017年11月15日

sararaouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 382 view
お気に入り追加

風呂敷って昔は、お風呂の事だったの?

風呂敷とは、室町時代末期に大名が、お風呂に入る際に、真っ白な布を敷いて隅にある蒸し風呂に入っていました。臣の者が一回限りで捨てる布がもったいないと、物を包むのに利用した事から「風呂敷」の語源になったそうです

ちなみに、室町時代に建てられた京都府最古の禅宗様式の浴室は、東福寺にあります。薬草を焚いて蒸し風呂として使ったとそうです。重要文化財にて通常は、非公開です。

「ぶぶ」と「おぶ」の違い

「ぶぶ漬け」とは、お茶漬けの事。「おぶ」もお茶の事。この違いをご存じですか?「ぶぶ」とは、熱いお茶を冷ます時にふく音からきています。そのため「ぶぶ」とは熱いお茶の事。

そして、京都の和食料理屋さんなどで、「おぶどうですか?」など言われるように適温なお茶を「おぶ」と言います。

六角堂

生け花発祥の地、池坊がある六角堂こと頂法寺。そこには、真ん中が少し窪んだ六角形の石・へそ石と呼ばれる物があります。「へそ」と言うだけあり、ここは京都の中心??と思われませんか?その様に書かれている雑誌なども多く見かけます。しかし決して京都の中心とは思えない??と疑問をいだかれた方も多いはず。

この六角堂は、聖徳太子が建立しました。その後平安京造営の際通を地割をしたら、中心に六角堂があり東西に通りを通せなかったそうです。そこで、本尊にお祈りすると一夜にして北にすこし移動していたそうです。そのため「へそ石」が残ったそうです。

決して京都の中心だったという事では、無かったみたいです。他の説では平安京の条坊を決める基準の目印説、本堂の礎石という説などもあるようです。

渡月橋

皆さん、数え年十三歳になる男女が、成人の儀礼である十三詣りは、ご存じですよね。その際に京都で最も賑わいを見せるのが嵐山にある法輪寺。ここでは、十三歳の厄難を払い智恵を授けていただけるようにご祈願します。

その法輪寺にお詣りする行き帰りに渡月橋を渡る道順があります。その帰りに、決して振り向いては駄目なんです。せっかくいただいた知恵を返してしまう事になるからだそうです。 そのため本人は、まっすぐ見据えて一直線に渡りきるそうです。

清水の舞台

おもいきる事や窮地に立たされ、新天地を開くなどの意味でよく使われる「清水の舞台から飛び降りたつもりで・・・」の言い回しは、京都の観光シンボルでもある清水寺の舞台からきているのは、ご存じですか?


実際に江戸時代には、清水観音信仰があり命を掛けて観音様に祈願し、願いを叶えられれば本望だというものがありました。実際に、飛び降りる者が後をたたなかったため元禄時代から明治のあたりまで「舞台飛び降り禁止令」が出されました。そして、文献などによると、実際に飛び降りをした人の生存率は、80%にもなったそうです。以外や以外、助かっている方が多いのにぴっくりです。ケヤキで出来ている舞台の柱は、約13mもの高さです。助かった人は、すごい!

いもぼう

「いもぼう」って皆さんご存じですか?京都の方は、冬のおばんざいの名物として「いもぼう」を思い浮かべる方は多いはず。一度「いもぼうってお菓子ですか?」と聞かれた事があります。確かに飴のようなそんな名前ですね。

この「いもぼう」は、桜で有名な円山公園の中に平野家本店が発祥です。これは、海老芋と棒鱈を長時間煮込んだもので、出合いもんと言われています。この出合いもんとは、相性が良いという事で、料理の世界以外でも生け花や茶道などでも使われる言葉です。ご興味のある方は、一度ご賞味ください。ちなみに、平野家本店では、海老芋の季節以外は、里芋を使っています。

鴨川

京都のシンボルの1つである鴨川。雑誌や地図などを見ると多く目にするのが、「鴨川」。しかし、京都の地名やあちらこちらで、賀茂川や加茂川という文字を見た事は、ありませんか?
出町柳より上(かみ)西方向(上賀茂)が「賀茂川」で東方向(高野・修学院)が「高野川」に分かれています。この事は、京都の方で無くてもご存知の方は、多いはず。しかし、河川標識の名称は、「賀茂川」も「鴨川」なんです!


このように全て「鴨川」となったのは、明治時代の河川法になってから。それ以前は、5世紀から6世紀あたり上賀茂の有力者で有名な賀茂氏によって開発されました。その後、上賀茂村、下鴨村、西加茂村などに分かれたため名所がバラバラに呼ばれていました。そして、奈良時代には「加茂川」と言われていたり、江戸時代には「賀茂川」になったりと時代と共に呼ばれ方も変わっていったみたいです。この事は、下鴨神社や上賀茂神社と呼ばれるようになった事とも結びつきがあります。

さて、昭和26年に京都市のあらましである京都市歌には、「ながるる加茂の水清し ひかりの都わが京都」と言うフレーズがあります。これって「加茂川」という事ですよね・・・。

1