1. まとめトップ

自分でカッティングステッカーを作る方法

カッティングステッカーを作る方法と部材をまとめてみました。参考資料にどうぞ。

更新日: 2018年01月02日

16 お気に入り 68709 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カッティングステッカーとは

切り絵のステッカー版と考えればわかりやすい。
一般名称化しているが「カッティングシート」
と言う名前は 中川ケミカル の登録商標である。

他の名称としては
マーキングシートなど様々であるが、
一般的に「カッティングシート」で通じる。

テトラポットは商品名で
消波ブロックが呼称であると言う問題に
引っかかる可能性もゼロでは無いので、

紅白に出場予定の方がこのページを見る際
詞中にカッティングシートって入れたら

過去をプレイバックしてみよう。

緑の中を走り抜けてく真っ赤なクルマ~

作り方は様々。

太さは3色ボールペン、単色ボールペン
辺りが主流になっている。
刃先は30度、45度と複数存在するが、
個人の好みに合わせたり、切りたい細かさで
上手く使い分けよう。

刃先の交換頻度はまちまちだが、
切れにくいと感じたらすぐ換えよう。
そのまま使っていても、
薄いシートならシワが出たりするので、
ケチって失敗する可能性も高くなる。

ステッカーにはもちろん粘着面が存在するので
ノリ付きしない商品をチョイスするのが良いが、
小まめに手入れしたりしよう。
細かい作業には向いてない。

画像のようなフッ素加工されてる物
500円程度からある物の方が
粘着面に引っ付きにくい感ある。

大量生産をする、切るのが面倒、
様々な理由があるが機械を導入すると言う手段も。
ただし、クルマのドア一枚カッティングなど、
大きいカッティングに関しては
大きい機械=大きい機材投資が掛かる。
家庭用で分割分割で作れない事も無いが、
技術と経験でも一枚物にはなれない。

ちなみに1m×1mの物で出力したいとなると
おおよそ100万円の投資になる。

他にパソコンソフトを扱う技術が必要。

素材はどこで買うの?

今の時代、通販サイトでも多く購入できますが、
無印(メーカー不明)などは避けた方が無難です。

実店舗に足を運び購入する事をお勧めします。
しかし遠方、販売してない事もありますので、
個人的にお勧めなのは
ホームセンターでも気軽に買える
Viewcalが良いかと思います。

ホームセンターなどでは45cm幅、90cm幅を
10cm単位でカットしてくれる所が多いです。

この材料を買った方はこちらも云々

例えば 「あ い う え お」
と均等にカッティングしても
貼る時にずれてしまうとかっこ悪いですよね?
そんな時に使うのがこのアプリケーション。
切り終わった後にこれを上から貼って
切り文字を粘着させると
切ったままの状態を維持してくれます。
低粘着なので寒い所だと上手くつかない。
細かい所を台紙から剥がそうとして
切った側が切れたなど注意が必要です。
ステッカーは貼り終わるまでが作業です。

上記のアプリケーション代わりに使う事も。
大きい物でもテープ幅づつ剥がせるので
簡単に出来ると言う声もある。
アプリケーションとコスト面を考えると、
こちらの方がお安いが粘着が強いと残念な事に。

様々なマスキングテープを使ってきて
黄色いマスキングテープ(多社ある)が
比較的優秀な成績にある。

白い粘着質なやつ、緑の梱包用とかは向かない。

無難な所をお勧めするのであれば
タミヤのマスキングテープ
(主に模型店で購入できるが割高)

屋外用?屋内用?

そのまま屋外で使う、屋内で使うと言う認識でも問題ありませんが
例えば車内、曲線に沿って使いたいとなると屋外用をチョイスした方が良いかも。
と言うのは屋内用に比べると屋外用の方が伸び縮みしやすい特性があります。
ただし、文房具屋さんとかのカラーラインナップは屋内用の方が多いです。

切りたい文字、絵を制作する。

有名なフリーソフトになります。
正直直感でもある程度何とかなります。

…昔は日本語パッチ当てるとか
まぁ色々と大変だったのですが、
今はDLして開けばすぐ使えます。

出力するプリンターの選択

正直な所安いプリンターでも問題ありません。
そもそもプリンターを消費する訳ではなく、
インクが消耗品になりますので、
再生インクが出回ってるプリンターがお勧め。

完成した物を見ていく。

6/12/2015 館林痛車ミーティング 東方痛車並べ ラウラさん 紅魔館仕様 ムーヴ 毎回このカッティング、細かいのにこれだけの数作るのはすごい・・・(゚д゚) pic.twitter.com/DWMRgtrDn8

カッティングは時間が掛かる事が多いが
評価される事は割と少ない。

すすむしさんの多色カッティング見れたので満足( ˘ω˘) pic.twitter.com/QXzoOHPXaE

何色も重ね合わせてフルカラーのように見せる技術。

私が作った物ですが、
バーコードリーダーで読み取ると
初音ミクモバイルに飛ぶようになっています。

試してみてね?

このように自作の可能性は無限大である。

ここまでの一連の流れを動画にしてみる。

1