1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「ミヤネ屋」の取材中に発見!…愛知県の警察署内に盗聴器が見つかる

愛知県警北署(名古屋市)の執務室で使われていた電源タップ内に、盗聴器が仕掛けられていたことが10日、分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年12月11日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 310530 view
お気に入り追加

○名古屋・北署に盗聴器が見つかる

愛知県警北署(名古屋市)の執務室で使われていた電源タップ内に、盗聴器が仕掛けられていたことが10日、分かった。

警察はふだん関係者しか出入りしない部屋に仕掛けられていたことから、いきさつを調べるとともに、愛知県内のほかの警察署などについても調査しています。

ほかにも盗聴器が仕掛けられていないか、県警本部と県内全45署の点検を始めた。

○関係者以外はほとんど立ち入らない場所から見つかった

県警警務課によると、盗聴器は署員が事務作業をする部屋にある電源タップから見つかった。

愛知県警によると、電源タップは署員らが業務を行う部屋にあり、警察関係者以外は、ほとんど立ち入らないという。

○「情報ライブ ミヤネ屋」取材中に発見

番組では「盗聴バスター」という企画で、先週から名古屋市内に潜む盗聴器の取材を敢行していたのだという。

盗聴器からとみられる音声「110番、了解です」「きょうの調書は?あしたの調書は?」「きょうの当直は?○○いけます」

聞こえてきた内容から警察署内部に盗聴器が仕込まれているのではないかと、近くの愛知県北警察署周辺で調査を開始した。

その後、愛知県警が全面的に点検したところ、延長コードにつながれたプラグ型電源タップの内部に仕込まれた盗聴器が見つかったという。

○このニュースについてネットでも話題になっている

警察署内の電源タップに盗聴器って、絶対に署員の犯行じゃん(笑)組織に不満を持ってる奴だな。

警察署の内部で盗聴器が発見された件以外でも言えることだが、企業は会議する前に盗聴電波の有無を確認してから始めたほうが良い。

警察署に盗聴器というのは、内部か工事関係者しかありえないですよね。どちらにしても発想の逆転ですね。

警察内部から盗聴器発見のニュースを見て『キッドや…』て、なったのは私だけじゃないはず…

警察署の中に盗聴器が仕掛けられてるてことは防衛省とか外務省とかいろんなとこにあるんでしょうか

○電波を受信すれば誰でも会話が聞こえる状態だった

盗聴器が発信する電波を受信すれば、外部から室内の会話が聞けるようになっていたとみられる。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。