ボンドが、日本の秘密情報部員のメンバーから英語で「ボンドさん」、いつもの“ダブル―・オー”ではなく「ゼロ・ゼロ」と呼ばれている

出典007検定|20世紀フォックス ホームエンターテイメント

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“007”は何て読む?…コトバで「世代」がわかっちゃうみたい

中身は同じでも昔と今で呼び名が変わったモノって結構ある。ある程度の年齢の人には使い慣れていても若い人にとって「初耳」だと、うっかり使うと年寄扱いされるかも。気を付けないと色んな意味で評判になっちゃいそうな言葉たち…。

このまとめを見る