1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

narichansisさん

緊急追加↓ 本記事とあわせてご覧ください

※本記事の画像、解説文の無断使用を禁止します
 (@narichansisの記載無き画像は無断使用により削除依頼中)

フライデー本誌掲載の1枚に明らかな合成画像

この写真は、岩盤浴を終えて2人が大野さんのマンションへ向かったことを示すための写真だった。この写真が合成だった事が判明したため、同棲を示す根拠が無くなった。

この画像は
・明らかに画像が荒い
・大野さんの顔の横に不自然な紫色の光が
・一般人2名が実際にこの場所へ行ったが、2人が写っている後ろの背景と「同じ場所」が見つからず、どこから撮影されたかがわからないという
そしてよく調べてみると・・・・・

背景の合成

左:雑貨店、右:2F岩盤浴へのエレベーター入口

階段を降りる→右手に雑貨屋のショーウィンドウ

上から吊り下げられた鳥かご、床にはバケツ

※奥の白い飾り用の壁には、昼間は商品がぶら下がっていた。夜はそれらが撤去されている

上:フライデー本誌掲載写真
下:一般人撮影写真

フライデーのは障害物が写っていないため歩道上の至近距離から撮影した背景

歩道上の至近距離から、2人が実際にここを通った瞬間を撮影したのなら、歩道上には隠れる場所がないのでカメラマンはすぐに2人に見つかるはず。ということは、背景と人物の画像が別々のものを合成したということになる。

歩道上で撮影すると障害物を避けて撮影できる

至近距離から撮影したものでないと、背景はこうはならない

さらに・・・

上:フライデー本誌掲載写真
下:一般人撮影写真

雑貨店のウィンドウガラスの「枠」は残しているが、位置が違うため拡縮も変更されている?

そのガラスの中の背景は実際と異なるが、その目的は現在よくわからない

実際は無いはずの柵

柵を作ることでこの方向に横断歩道があるように思わせているのだろう

赤枠:フライデー本誌掲載写真の人物の立っている位置には実際、横断歩道は無く歩道の柵とグリーンで囲われている

左側の緑色の柵が奥まで伸びている

柵を作ることでこの方向に横断歩道があり、2人の身体を車道に向けて歩くように配置することで、実際は無いはずの横断歩道を渡り、タクシーに乗り込んだように思わせているのだろう。

実際にここには横断歩道は無く歩道の柵とグリーンで囲われている。

1 2 3