1. まとめトップ

懲役30年 女子小学生を強姦しまくった教師の犯行の内容が酷すぎる

これは教師ではなく完全に鬼畜の犯行です。あまりにもえぐい内容なので一部表現を●でぼかしています。子供を持つ親であれば絶対に許せない犯行でしょう。

更新日: 2015年12月12日

道楽生活さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 353014 view
お気に入り追加

▼2009年9月 元小学校教諭森田直樹被告に懲役30年が言い渡される

元公立小学校教諭・森田直樹被告
10人の女子児童に対する46件の強姦
11件の強姦未遂、25件の強制わいせつなどの罪、合計95件の罪
(本人は27人と供述)

教え子の女児に対する46件もの強姦などの罪に問われた広島県三原市中之町の元小学校教諭森田直樹被告(43)の判決が2009年9月14日、広島地裁であり、奥田哲也裁判長は、求刑通り懲役30年を言い渡した。

判決理由の中で、奥田裁判長は「比類なきほどに悪質」と述べて断罪した。

森田被告は01年11月~06年7月、勤務先の小学校の校舎などで、性的暴行をしたり、服を脱がせてビデオカメラで撮影したりするなどしていた。

判決では、強姦のほかに、強姦未遂11件、強制わいせつ25件、児童福祉法違反13件が認定された。「写真をばらまく」などと女児らを脅していたという。

▼さてこの元教師の森田直樹は具体的に何をしたのか?

被告が行った犯行のごく一部

・行為を口外すれば「勉強やスポーツを教えない」「写真をばらまく」などと脅迫

・暴行する前にさりげなく胸を触ったり股にヒザを当てるなどして“選別”を行っていた

・中には“選別”を見誤り、泣き叫ぶ女児もいたが容赦なく強姦していた

・校舎内の空き教室で泣き叫ぶ児童に対し「声が(他の生徒に)聞こえちゃうよ」と言いながら強姦

・パソコンルームで潤滑油ジェルや性行為用のマットなどを用意し、強姦

・1人の女児に校舎内で強姦した後、その約10分後にはまた別の女児に対し強姦

・休日、遊園地に自家用車で女児を連れ出しその車中で強姦

・暴行中には、女児に対し自らを「先生」と呼ばせる

・女児と行為中の所を校長先生に見つかり厳重注意を受けるが、12日後に犯行を再開

・要求に応じない女児に対しては授業中に無視するなど幼稚な態度を取る

・女児に「精液を飲ませる」行為に異常なまでにこだわっていた

・ほとんどの性的暴行の様子はカメラで撮影しDVDで保存、押収されている

・被害女児の供述調書「大人の男性が怖い。シャッター音を聞いただけで涙が出る」  

・小学校教師となる前の学生時代にも小学生ばかり相手にセックスをしていた

・教え子を自己の性欲を満たすだけの性的玩具のように使っていた

・3P4Pなど女児との複数姦も行っていた

・学校内のいたる所で手●キやフェ●チオをさせていた

・授業中や他の生徒の声が聞こえる状況等でも行為をしていた

・ロ●ターやバイブ●ーター等の性具を使ったわいせつ行為も行っていた

・手淫、口淫、姦淫等の行為の様子を自らだけではなく他の児童にも撮影役をさせていた

・それらの様々な行為は撮影していたビデオ映像等によって明らかになっている

・抵抗する児童に対しては
「お前がやらなければ他の子をやるぞ」
「やると決めたのだから応じないのは悪い事だ」
「○○が出来ないのなら△△はしないと駄目だ」
等と詭弁を弄し児童に自責の念を抱かせ、被告の望む行為に応じざるを得ないよう誘導していた

これにより児童たちは心理的に洗脳され抵抗や反論が出来ない状況に追い込まれていた

▼なんとこの男、嫁も子供もいた

森田は妻の実家で妻の両親と小学生の子どもと暮していた。

奥さんは中学教師、その両親も教師で義父は小学校校長を務め人権運動にも熱心に参加している。森田はふだんは愛想がよく子煩悩。

森田被告は後に中学教師の妻を持ち(裁判中に離婚届が送付)、1児をもうけてからもなお、児童ポルノの収集を続け、勤務先で犯行を重ねていた。

▼被害受けた女児が事件後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、リストカットするようになった事例も

公判ではこのほか、森田被告が検察の調べに「教諭になってから27人の女児にわいせつな行為をした」と供述したことや、被害女児の母親の意見陳述で、女児が事件後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、リストカットするようになった被害状況も明らかにされた。

▼自ら撮影し証拠として押収されたDVDもあるのに、この男は控訴した

複数の小学生女児に性的暴行を繰り返したとして女性暴行などの罪に問われ、広島地裁で求刑通り懲役30年の判決を受けた三原市中之町3丁目、元小学校教諭森田直樹被告(43)が、24日までに判決を不服として控訴した。

広島地裁によると、森田被告本人が18日、広島高裁あての控訴状を地裁に提出したという。

判決後に面会した森田被告の弁護人によると、森田被告は、無理やり抵抗を排除して暴行したなどとする判決内容に事実の誤認を訴え、「このままでは30年も服役できない」と話したという。

14日の広島地裁判決は、約4年8カ月間で児童10人に女性暴行46件、強制わいせつ25件など計95件のわいせつ行為をした、と認定。

「教師という絶対的に優位な立場を利用し、鬼畜にも劣る浅ましい蛮行を繰り返した」などと指摘した。

▼ネット民の反応

46件もガキをレイプして30年って短いと思ってまうけどな
一生塀の外にだしちゃいけない人やろ

出てきたら70歳、家族からも見捨てられ孤独死確定
幸せなんですかね…?

妻子持ちでこれやるとか救いようがないわ
サイコパス上位種やね

こんなことで30年も無駄にしたくないわ
このハゲ頭おかしい

1 2





道楽生活さん

ロトで高額当選して海外逃亡して『日本人やめました』という本を書き上げたいです。地球を3周してone!と叫びたいです。1周目はスターアライアンスで1周。2周目はoneワールドで1周。3周目はスカイチーム