1. まとめトップ

UFC全階級王者&ランカーまとめ(随時更新)【MMA/UFC/総合格闘技】

UFC全階級王者&ランカーをまとめています。

更新日: 2017年11月16日

7 お気に入り 33978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AndyRistieさん

ヘビー級(-265lbs:-120.20kg)

UFC世界ヘビー級王者

"強力型戦闘隊"
ミルコと練習しているクロアチア系アメリカ人。ボクシングではゴールデングローブ王者になっている。UFCで元王者JDSを追い詰め、ハント、アルロフスキーをパウンドで葬りヴェウドゥムの持つヘビー級タイトルに挑戦しKOで王座奪取に成功した。オーレイムとの初防衛戦でギロチンを極めかけられるもパウンドで逆転KOで防衛に成功。以前敗れているJDSとの再戦でKOしリベンジを果たした。

1位

"ダッチ・サイクロン"
K-1 WORLD GP 2010王者
初代Strikeforce世界ヘビー級王者
MMAデビューは1999年でリングスを経てPRIDEに定期参戦し強豪に勝利するも6勝7敗と負け越した。Strikeforce、K-1、DDREAMでベルトを獲得し3冠王に輝く。満を持してUFCに参戦するもビックフット、ブラウンに連続KO負けを喫する。最近は堅実な試合運びで4連勝と復活を果たした。タイトルに初挑戦するがパウンドでKOされた。

2位

"柔術クリエイター"
第18代UFC世界ヘビー級王者
PRIDE、Strikeforce、UFCと渡り歩き幾多の強豪を極めてきたヘビー級最強柔術家。UFC復帰後5連勝で暫定王座獲得。王座統一戦でヴェラスケスにギロチンチョークを極め王座統一に成功。ミオシッチとの初防衛戦でKO負けし王座を明け渡した。

3位

"完全無欠のKOマシーン"
第15・17代UFC世界ヘビー級王者
元人類最強の男。レスナーを下し全勝のままUFC世界ヘビー級王者に輝いた。シガーノに一度は敗れるも、リベンジに成功。しかしヴェウドゥムに敗れベルトと最強の称号を奪われた。復帰戦でブラウンをKOし復活。

4位

"アフリカン・プレデター"
カメルーンからフランスへ移民してきたプレデター。アルロフスキーを速攻KOし、アリスターもKOしUFC6連勝。

5位

"サモアの怪人"
K-1 WORLD GP 2001王者
K-1、PRIDEで活躍し日本で大人気のハント。かつては弱点であった寝技も向上し現在はUFCトップファイターに登り詰めた。ヴェウドゥム、ミオシッチに連敗を喫したが、ビックフット、ミアをKOして復活。

6位

"ブラック・ビースト"
ナパオンをKOし一気に知名度を上げランキング入りした。ネルソンにも競り勝ち、格上のブラウンをKOした。

7位

"ドラゴ"
第2代Bellator世界ヘビー級王者
UFCデビュー戦でジョンソンに判定勝ち。ネルソンにも判定勝ち。

8位

"ポーランドの新星"
UFCデビュー戦は敗れたが、その後3連勝。

9位

10位

"ハイクレイパー"
身長213センチを誇るダッチマン。心臓病から復帰しビッグフットを瞬殺。オミランチェクをダースチョークで一本勝ち。

11位

"ボア・コンストリクター"
知名度は低いがコンバットサンボ世界王者でMMAキャリア60戦を誇るベテラン。UFC参戦前にはミルコ、モンソンを下している影の実力者。格上だったブラウンに一本勝ちした。

12位

"ピットブル"
第11代UFC世界ヘビー級王者
筋骨隆々の体とフレディ・ローチの下で学んだボクシングを武器に次々と強敵達を撃破しUFC王者に輝く。UFC復帰後4連勝するもミオシッチ、オーフレイム、バーネット、ガヌー、ティブラに敗れUFC5連敗中。

13位

14位

1 2 3 4 5 6 7 8 9