1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rerekonさん

ブアカーオ・バンチャメーク Buakaw Banchamek

国籍:タイ
生まれ:1982年5月8日
階級:70KG
身長:174CM
スタイル:ムエタイ

元ブアカーオ・ポー.プラムック
本名ソムバット・バンチャメーク
2002年のTOYOTAムエマラソンで優勝
K-1WORLD MAXでは 2004、2006と優勝
2010年にはS-cup 2010で初出場初優勝を果たす
Thai Fightトーナメント2011、2012と優勝

ファイトスタイルは元々力強くしなるミドルや打点の高い前蹴り、首相撲からの膝蹴りや崩しなど蹴り技主体で組み立てていくスタイルだったが、K-1ルールが変化していった為、制約がかかりスタイル変更を余儀なくされる

そういう事態を受けて、密かにボクシング技術を磨いていった

2006年のK-1MAXトーナメントでは磨いていたパンチ技術が実を結び、倒す力を手に入れてMAX王者へと返り咲いた

その後はパンチの手数も増え、パンチのKOも増え、パンチと蹴りが両方使えるバランスのとれた選手となる

出典efight.jp

しかし基本的なムエタイの技術は変えずにいるので、相手がガードを固めて前に出てくる選手でも、手伸ばしガードやスウェーのディフェンスで対処する

ガードを固めて前に出る相手にそのディフェンススタイルを続けていると、ブロッキングスタイルの選手に比べて組み付いてしまう状況がどうしても多くなる

そういった部分の印象点が判定に影響される事もしばしば

最近は、バンコク市内に自分のジムをもち、なるべくムエタイのルールで試合するようにしている

ジムの名前は自分の本名からとったバンチャメーク

バンチャメークジムには自分と同じ階級のスーパーボーン等の強豪選手も所属している

並ぶと顔が少し似ている

シュッとした顔つきで優しそうな雰囲気のブアカーオだが、試合中はまるで別人のような雰囲気をまとっている

外人選手の中では断トツの一番人気で、北野きいもブアカーオが好きだったらしく、テレビで応援コメントをよせたりしていた

ちなみに写真は何の関係もない小林由佳

現在35歳、どれだけタイトルを獲得したのか

試合動画

最新の試合を上に持ってきています

VS アーテム・パシュポリン(ロシア)

VS ニクラス・ラーセン(デンマーク)

VS ガエタン・ダンボ(フランス)

VS ミハル・クルチマル(チェコ)

VS ヴィクトー・ナグべ(オーストラリア)

VS ルイス・パショス(ポルトガル)

VS ホナイ・リスコ(スペイン)

VS ナヤネシュ・アイマン(コンゴ、スペイン)

VS マルアン・トゥトゥ(オランダ、モロッコ)

VS セルゲイ・クリアバ(ウクライナ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10