1. まとめトップ

ジョルジオ・ペトロシアン Giorgio Petrosyan

国籍: イタリア、アルメニア
生まれ: 1985年12月10日(31歳)
階級: 70~72
身長: 178
所属ジム: チーム・レオネ・ペトロシアン
スタイル: キックボクシング

Janus Fight Night 2006、2007王者
K-1 WORLD MAX 2009 2010王者
GLORY WORLD SERIES2012のトーナメント王者  英雄伝説の70kg級世界王者

生まれはアルメニアのエレバンで、本名はゲボルグ・ペトロシアン
13歳の時にアルメニアからイタリアのゴリツィアに移住し、すぐにキックボクシング、ムエタイを習い始める
16歳の時に54キロでキックのキャリアをスタートさせ2002年の2月にプロデビューを果たす

勝利を重ねると当時に体重も少しづつ上がっていき、今の70キロの階級へとおちつく

ファイトスタイルは、当てさせずに当てるスタイルを確立している
目でよけて相手の打撃の印象を薄め、自分の打撃の印象だけを残させるよう努める
並外れた身体能力がなければできない芸当で、弟のアーメンを含めた他のジム生達は誰も彼のようなスタイルで戦う事が出来ない

ニックネームは、ザ・ドクター

いまだに70キロ世界最強の男と謳う者も多いこの選手、理由は戦績が物語っている

しかしこの戦績に傷をつけた選手が存在する

ペトロシアンは静かにリベンジの機会を伺っている

よく手の骨が折れたり、どこかしら骨折をしていたりする これが原因で黄金カードが流れる事も 一番の弱点は骨の脆さなのかもしれない

現在31歳、どれだけのタイトルを獲得したのか

試合動画

最新の試合を上にもってきています

VS アマンシオ・パラスキフ(ルーマニア)

VS アーテム・パシュポリン(ロシア)

VS ジョーダン・ワトソン(イギリス、イングランド)

VS ラヴィ・ブルノウ(ブラジル)

ブラジルのWGP王者と地元オクタゴン興業で対戦

VS ジャオ・フーカイ(中国)

VS ジョシュ・ジョンシー(カナダ)

VS シュー・イェン(中国)

VS エンリコ・ケール(ドイツ)

対戦相手は、現在ドイツのトップ選手かつ2014年のK-1MAX王者

VS エルカン・ヴァロル(トルコ)

一年ぶりに試合するせいなのか、試合しまくり負けまくりで有名な選手との対戦

VS アンディ・リスティ(スリナム)

1 2 3 4 5 6





rerekonさん

70キロ付近のキックボクシングの選手の紹介http://matome.naver.jp/odai/2145537198268339301
そして、K-1MAX関連の選手もまとめていきます