1. まとめトップ

【シミ・シワに効果あり】馬油の万能っぷりがすごい!【馬油洗顔】

昔から皮膚治療の民間薬として使用されてきた馬油、実は顔・髪・体と全身に使える万能アイテム!しかもアンチエイジングにも効果ありの優れものでした♡

更新日: 2015年12月25日

63 お気に入り 72977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

noagcrnoさん

スキンケアに馬油を取り入れている女子達の声

馬油、ほんと救世主だった。 IKKOさん思い出して信じてよかった…。 あのするめ肌を2日で戻してくれた。余程の事がない限り、ほうれい線なんて出ないしまさか両方にくっきり出るとは!!

寒くなってから顔のごわつきが気になっていたので、馬油を買ってきて使ったら、一日で肌が柔らかくなった。毛穴も目立たなくなってる。息子にも確認したけどほんとに。シミが薄くなるという噂もあり。期待。

なんか馬油使いだしたらシミが消えてきた気がする…!乾燥対策だったのに思わぬ効果

馬油使い始めてからシワとか全く出なくなった。 むしろ、お肌に張りが戻った感じ! それに髪にも使っている。 風呂上りに洗い流さないトリートメントみたいに使っている。 当然地肌マッサージもしている~~。

スキンケアの乳液とクリームがなかなか肌に合うのがなくて化粧水の後を馬油に変えたらクマが消えて肌がふわふわになった♡ コスパいいしテクスチャーもベタベタしないし香りないから使いやすい♡ シワも消えてくれるといいなー( ´-` ) pic.twitter.com/HRlIko1m0H

馬油で首の黒ずみとシミとほうれい線を無くしたい(o_o) ヘソに馬油で即効、便意が来たのには驚いた(o_o)(o_o)(o_o)

馬油とは?

馬油は、馬の油を精製して作られており、やけどや肌荒れ、ひびにあかぎれ、切り傷、痔などにも効果があります。
油なので食用にも使えますし、副作用もありません。

馬油は、容器に入っている状態では他の固形油と似たようなものですが、肌に塗ると体温ですぐにゆるくなり、すっと皮膚に浸透していきます。

純粋な馬油は、少しけもの臭いにおいがしますが、それほど嫌な臭いではありません。
現在では、臭いが少ないもしくは、ほぼ無臭の製品 も出ています。

馬油の特徴

人間にとって最も優れたスキンケア成分である皮脂(角質層の細胞間脂質)にもっとも近い成分の自然な油脂であることです。
肌の細胞間にある脂質の主成分はセラミドで肌のキメを整え、潤いを保ち、外部からのあらゆる刺激から肌の内部の組織を守る大切な役割を果たしています。

強い浸透力で、皮膚の隙間によくなじむ

酸化を防ぎ、殺菌効果もある

炎症をしずめる作用や、熱を取り去る作用がある

保湿・保温効果にすぐれ、血行促進がある

馬油の保湿効果でエイジングケアにも効果あり!

♡シミが消える・薄くなる

血行促進作用から、馬油を塗った部分の皮膚の新陳代謝があがります。シミのあるところに少し多めにつけて、マッサージすると3週間ほどでシミが薄くなったという声もあります。肌のターンオーバーが早まれば、ニキビ跡などの傷跡が消えるのも早くなりますし、目元のくすみなどにも有効です。

左右対称にできるシミの1種である肝斑(かんぱん)。これも馬油で解消することができると言われています。洗顔後の清潔な肌に、馬油を指の腹を使って肝斑部分に薄く塗り込みましょう。

♡シワが目立たなくなる

高い保湿力により、小じわが目立たなくなります。小じわが気になる目尻やほうれい線に多めに付けると、良いでしょう。

馬油は首のシワ解消にもおすすめです。馬油を手のひらに広げ、首の上から下になでおろす動作と横方向へのマッサージを交互に行いましょう。この時、リンパの流れを意識し、耳の付け根からデコルテに向かって老廃物を流し込むイメージで行うと、顔のリフトアップ効果も期待できますよ。

1 2