フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは12日、スペイン・バルセロナで行われ、10日のショートプログラム(SP)で世界最高得点となる110・95点を記録した羽生結弦(20=ANA)が男子フリーに登場。フリーで219・48点をマークし、トータルの330・43点とともに自身が持つ世界記録を再び更新。

出典羽生 また世界記録更新330点超!男子初GPファイナル3連覇 — スポニチ Sponichi Annex フィギュアスケート

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もはや敵は自分だけ! 羽生結弦が目指す「絶対王者」とは?

GPファイナルで330点超えという偉業を成し遂げた羽生結弦選手。「絶対王者」と呼ばれ、本人も自分に言い聞かせているというこの言葉。羽生選手の言う「絶対王者」とは何なのでしょうか??

このまとめを見る