1. まとめトップ

マイナンバーが徴兵制の赤紙と類似!将来の徴兵制度のシステムとバレる

マイナンバーの通達の紙が赤紙と類似していると話題になっています。マイナンバーは、「将来の徴兵制度」に対する準備段階という事は、日本国家の秘密とされています。少子高齢化で自衛隊の数が不足しており、マイナンバーで徴兵制度の準備を始める予定です。

更新日: 2018年09月11日

1 お気に入り 14592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

このマイナンバーこそが、国家権力がすべての国民を服従させ管理し、国民資産をすべて把握する

経済徴兵制の準備段階となるマイナンバー

国民の預貯金を狙ったり天下りや受注利権のためであり、行政の効率化だの脱税防止だの言っている人はインチキデタラメ

いずれは徴兵候補リストにもなりうる危険極まりないものであることは、、「固い」国家機密となっているのである。

マイナンバーの赤紙

ドイツ裁判所の判決で背番号制は憲法違反であるとの判決が出て行なわれていない。

ハンガリー1991年に裁判所の判決で背番号制は憲法違反であるとの判決が出て行なわれていない。

徴兵制の通達の赤紙

マイナンバーがマジで危険すぎる

マイナンバー制度で、徴兵制の復活、預金封鎖の準備、所得の把握など、個人の権利を侵害する事が政府の内部で検討されています。

財産の把握により、金で縛り付けている生活をさらに縛りつけて自由をはく奪する。国家権力に逆らえないようにするための法律。

国民の全ての資産が国家の管理下

個人の所得、資産状況などを細かく把握して、その後の国家が全ての個人を管理する「全体主義」「共産主義化」「国家総動員」に向けて権力を強めるのが狙い

2020年をめど新規口座とマイナンバーのセットが任意から強制になり、それからおよそ二~三年で既存の口座まで(放置したままの口座も含めると約10億口以上の口座があるが)がすべてマイナンバーのひも付きになる

金持ちはそれなりに実は「奥の手」があるのだけれど、みみっちく貯めた庶民の虎の子こそが狙われることを肝に銘じたほうがいい。

参考リンク

1