1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rerekonさん

アンディ・サワー Andy Souwer

国籍:オランダ
生まれ:1982年11月9日
階級:70~72
身長:174
所属ジム:Souwer Sports Institute
スタイル:キックボクシング、シュートボクシング

S-cup、2002、2004、2006、2008、2012王者
K-1 WORLD MAX、2005、2007王者
第3代IT'S SHOWTIME 70kg 王者

19歳の頃に、シュートボクシングのS-cup 2002で初出場初優勝を果たす

その優勝をきっかけにして、シュートボクシング興行の大会に定期的に呼ばれるようになり、今ではシュートボクシングの絶対王者の称号を手にしている

キックボクシングでは、20歳くらいの頃には既に100戦以上の経験を積んでおり、ハイペースで試合を重ねていたのが伺える

そんな試合数にも関わらず、負けた試合がたったの三敗だけと驚異的なレコードを記録していた

34歳になった今もなお、短いスパンで試合を重ねたりする事がしょちゅうあり、変わらない意欲があるようだ

ファイトスタイルは、非常にバランスのとれたコンプリートファイターで、ブロッキングで相手につめよりパンチとローの対角線コンビネーションでたたみかけるザ・ダッチスタイルの選手

これといったモノが見えない分、一見ではどこの何が強いのかわからないが、全ての打撃が水準以上で、パンチ、ロー、膝、ミドル、ハイ、とどんな打撃でも倒す力をもっている

ただスロースターターで、格下相手にもダウンや、フラッシュダウンをしてしまう事が多い

教え子も活躍しだして、対戦したりもしている

現在はMMAの練習にも励み、試合にも出場している

試合動画

最新の試合を上にもってきています

VS (ナイジェリア、アメリカ)

VS タイフン・オズカン(トルコ、オランダ)

vs モハメド・カマル(モロッコ、オランダ)

vs ダミアン・セゴビア(アルゼンチン)

アルゼンチン最強の曲者スタイル、セゴビアと対戦

VS 日菜太(日本) 2

VS ホナイ・リスコ(スペイン)

スペインのエンフュージョンライブでスペインの中堅選手と試合

VS ドン・ウェンフェイ(中国)

VS 田中 秀弥(日本)

相手選手の引退試合 よく引退試合の相手に選ばれるサワー

VS シッティチャイ・シッソーンピーノーン(タイ)

クンルンファイト70キロMAXトーナメント2015、Aグループ予選決勝、相手は久しぶりにタイの70キロで期待できる若手選手

VS ジャオ・フーカイ(中国)

クンルンファイト70キロMAXトーナメント2015、Aグループ予選準決勝、相手は久しぶりにタイの70キロで期待できる若手選手

VS 弘中邦佳(日本)

1 2 3 4 5 6 7 8