1. まとめトップ

借金で首が回らなくなったら??債務整理と自己破産という選択

借金の返済が困難になって来たあなた。弁護士や司法書士に相談してみては?解決策が見つかるかも?

更新日: 2015年12月14日

0 お気に入り 1127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

債務整理とは

大きな借金をしている人やローンが返せなくなった人は、返済のための何らかの法的な処置が必要となることが少なくありません。

その手続きを債務整理と言います。

債務整理の具体的な方法として任意整理、民事再生、自己破産があります。

自己破産と言う言葉は聞いたことがあるかもしれません。

自己破産をすると家や財産を持つことができなくなります。

デメリットが大きいと考える人もいますが、債務整理の方法として自己破産を選択せざるを得ない場合もあるのです。

まず任意整理は借金を整理して、払うことができる金額まで減額することです。

もちろん、借金は残りますが、司法書士など法律に詳しい人のアドバイスを受けて、返済のための道筋をつけることになります。

借金の整理の過程で過払い金返済を受けることができる場合もあります。

その場合は、借金の返済をし過ぎていたのですから、お金が戻ってくることになり、それを現在の借金返済に充てるのです。

それから民事再生は裁判所に相談して借金を減額してもらってから、3年程度ですべてを返済する手続きです。

住宅ローンは除くことが一般的です。

住宅ローンが払えない場合は、住宅を手放すことになります。

自己破産のイメージは人生の終わりのような感じですが、実際にはそれほど深刻ではありません。

もちろん、財産を持つことはできませんが、それまでの借金も帳消しになりますから、新しい人生を始めると考えればいいでしょう。

このように債務整理にはいくつかの方法がありますから、何事も前向きに考えておきましょう。

債務整理と自己破産

債務整理の問題に直面している人はどれくらいいるのでしょう。

お金の問題ですから、誰かに相談しなければ解決しないことはわかっています。

しかし、いきなり弁護士に相談するのは不安だと考えている人も少なくありません。

そんな人は弁護士に相談する時の注意事項を調べたりするのです。

自己破産の仕組みや債務整理はわかっているのかもしれませんが、具体的な手続きは弁護士に聞かなければならないのです。

自己破産とは自分の財産をすべて失うことです。

その代りのメリットとして借金もなくなります。

それがいいことなのかどうかは、あなたの状況によって変わります。

別の方法で債務整理を行うことも可能だからです。

いずれにしても、多くの知識を持っていなければ的確な処理はできません。

それには法律の知識が必要なのです。

一般の人では対処できませんから、司法書士や弁護士などが役に立つのです。

もちろん、債務整理を行わなければならなくなった状態の人にはネットで調べる余裕はないでしょう。

毎日を生きて行くことで精いっぱいだからです。

お金がないと言うことが現実にどのようなことなのかは一般の人には理解できないかもしれません。

おいしいものが食べられないとか、ゲームができないと言ったレベルの話ではないのです。

そのことを頭では理解したとしても、本当の意味で理解することは容易ではありません。

実際にその状況になったらわかるのかもしれません。

まずは今のうちに情報を収集しておくことをおすすめします。

債務整理の法律相談

お金の問題を発生したら早目に専門家に相談することをおすすめします。

どうしようもなくなって債務整理だけが手段となってしまうと、法律相談などで対処できることは限られてくるのです。

債務整理の一つの手段として自己破産手続きがあります。

自己破産と言う言葉のイメージが非常にマイナスですから、誰でもそれは避けたいと考えるでしょう。

早目の法律相談が重要と言うことです。

ただ、毎日の生活の中でどれだけ自分が困っているのかを相談しても、すぐに解決策が提示されるわけではありません。

出費を切り詰めて、生活の質を下げる必要があるのです。

もちろん、インターネットで検索すれば債務整理に関する法律相談窓口はたくさん見つかります。

その中から自分に適した解決策を見つけましょう。

具体的に行わなければならない手続きは専門家でなければわかりません。

法律事務所に相談するための費用がないと考える人もいるでしょう。

その場合には、無料相談所を探してください。

いずれにしても、自分がこれから取ることができる対処法を考えておくのです。

実際に債務整理が必要となった時点から考えると遅すぎます。

過払い金請求などの宣伝が法律事務所を中心として行われています。

いかにも払い過ぎたお金が戻ってくるイメージがあります。

もちろん、戻ってこないわけではありませんが、あなたの生活が急に潤うわけではないのです。

債務整理をしなければならない人の多くは、お金の管理にルーズです。

そのことを自覚しなければなりません。

債務整理と弁護士

弁護士に相談して債務整理を行う人はどれくらいいるのでしょうか。

そもそも、債務整理の意味を理解していない人が多いのかもしれません。

どうしようもなくなって、弁護士に相談するのです。

債務整理の一つとして、自己破産があります。

ただ、これは一つの手段にすぎません。

あなたに適した解決方法を探すのが弁護士の役割でしょう。

もちろん、弁護士以外の職業でも債務整理の手続きを行うことはできます。

借金問題を解決して、これからの人生をやり直すために相談するのです。

借金問題に詳しい弁護士なら適切なアドバイスと手続きをしてくれるでしょう。

ただ、あなたが住んでいる地域にどのような弁護士がいるのかは普通の人にはわかりません

そのためにインターネットで検索するのです。

弁護士や司法書士は債務整理の手続きに詳しいはずです。

弁護士に相談する理由は肉親などに知られずに手続きをしたいと考えている人が多いからです。

借金の取り立てに窮しているなら、何らかの解決策を見出さなければなりません。

弁護士や司法書士の資格の違いによって、行われる手続きには差があります。

ただ、一般の人が自己破産手続きをする場合にはほとんど気にするレベルではありません。

そんなことよりも、自己破産をしなければならなくなった自分の境遇を見つめなおすことが大切です。

手続きの問題ではなく、根本的な問題から目を背けてはいけないのです。

人のせいにするのではなく、自分の問題としてとらえてください。

債務整理の体験

債務整理を経験した人は本当にその意味がわかっているのでしょうか。

毎日の生活でお金の問題のことばかりを考えていると、債務整理が大きな問題となってしまいます。

しかし、それは人生の中の通過点にすぎません。

一時的に債務整理で自己破産の手続きをしたとしても、そこから脱却することは可能だからです。

自己破産のメリットは借金をなくすことができる点です。

もちろん、デメリットもたくさんあります。

ただ、それらを総合的に考えて、新しい出発点としましょう。

弁護士に相談した場合でも同じようなことをアドバイスされるでしょう。

そこで重要なのは、これからのあなたの行動です。

自分なりにしっかりと考えてください。

お金がなくても生活することはできます。

ただ、充実した生活を送りたいなら、何とかして収入を得ることが必要なのです。

適切な職場で働くことで確実な収入となるでしょう。

もちろん、それができないほどの大きな問題を抱えているかもしれません。

ただ、自分の人生を充実させるためには、何らかの行動に出なければならないのです。

債務整理に関するホームページを読んでみると、弁護士に相談してすべてが解決するような気がします。

しかし、解決するのは手続きだけです。

あなたにとってはそれ以上ではありません。

債務整理を一度体験した人は、日常生活を平穏無事に過ごすことの大切さを理解しているでしょう。

ただ、どうすればそれを得られるかを考えなければならないのです。

弁護士はそれを教えてくれません。

債務整理の方法

自分の債務整理をしなければならない事態にならないように生活することが重要ですが、どうしても避けられない場合は、その対処方法をしっかりと理解しておきましょう。

もちろん、自分だけでできることではありませんから、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

注意しなければならないのは弁護士なら誰でも債務整理のことに詳しいわけではありません。

よくわからない弁護士に依頼してしまうと、余計に話がこんがらがってしまうのです。

具体的な債務整理について考えてみましょう。

方法としては5通りあります。

任意整理、特定調停、民事再生、自己破産、過払い金返還です。

自己破産は聞いたことがあるかもしれませんが、他の方法も知っておくことが重要です。

自分にはどれが一番適しているかを考えなければならないからです。

任意整理は債権者と交渉して借金を減額してもらうことです。

つまり、返済するお金がないため、借金を減らしてもらうのです。

この方法が一番楽だと思ってしまうかもしれませんが、性器の手続きに基づいて行わなければならいことと、債権者との交渉により、減額した借金を3年で払い終わらなければなりません。

金融機関と直接交渉しなければなりませんから、一般の人には無理でしょう。

弁護士などの交渉のプロに任せなければなりません。

特定調停は個人で裁判所に書類を提出する方法です。

手続き費用は安くなりますが、その分手間はかかります。

どの方法を取ってもいいのですが、そもそもの原因は自分にあることを忘れないようにしましょう。

自己破産しない債務整理

自己破産と言う言葉は知っているでしょうか。

イメージとしてはお金がなくなってしまうことなのですが、債務整理の一つの方法として法律で定められた手続きです。

自己破産の手続きをすると家も車も手放さなければなりません。

破産状態ですが、財産を持つことはできないのです。

もちろん、債務整理には自己破産以外にもいくつかの方法があります。

できることなら自己破産以外の手続きをすべきでしょう。

具体的な方法を紹介します。

もちろん、借金の額や借り入れをしている年数によって取るべき方法は変わってきますし、どれでも自分で自由に選べるわけではありません。

債務整理を行うためには法律に基づく手続きとなりますから、書類作成や裁判所、債権者との交渉が必要になります。

法律に詳しくない一般の人が簡単にできるわけではないのです。

したがって、弁護士に相談することになります。

ただ、弁護士に依頼することもただではありませんから、その費用を心配している人もいるでしょう。

自己破産するほどに借金があるのですから、弁護士に支払う費用はありません。

ないところからむしり取るような弁護士はいません。

ただ、すべてを弁護士に任せるのではなく、自分でできる分は積極的に自分でやりましょう。

その分、弁護士費用を安くしてもらうのです。

弁護士の多くは一括して費用請求をしますが、債務者のことを考えてくれる弁護士を選ぶことが重要なのです。

インターネットでどの弁護士事務所を選ぶか考えてください。

債務整理の影響

毎日仕事をして給料をもらっている人にとって、大きな借金を負うことは人生が変わってしまうことになるでしょう。

つまり、債務整理を行わなければならない人には大きな影響があるのです。

もちろん、債務整理は大きな借金を何とかして終わらせるための方法です。

法律によって定められているのですから、借金取りから追い立てられることもなくなるのです。

借金問題に詳しい弁護士に相談することから始めましょう。

住宅ローンの支払いが残っている状態で、会社から解雇されたりした人が少なくないかもしれません。

旦那さんがまったく働かず、奥さんのパートだけではどうにもならないのです。

債務整理の基本的な考え方は、大きな借金を払える分に減らして、借金返済が続く状況を解消するための手続きなのです。

毎日借金返済ことばかり考えて生活している人は、すぐにでも弁護士に相談しましょう。

もちろん、すべての借金がチャラになるわけではありません。

返せる分は返済するのが義務です。

踏み倒すことではないのです。

自己破産とはどうしても借金を返済できない人のための救済策として定められた法律です。

借金は帳消しになりますが、財産をすべて失ってしまうことになります。

裁判所での手続きが必要なのです。

もちろん、生活していくために必要な最低限のお金は持てます。

ただ、自宅や車などは持てなくなります。

それでも生活していかなければなりませんから、地道に働くことが求められます。

自己破産をするような人は働くことも難しいかもしれません。

債務整理ネット

債務整理ネットについて紹介しましょう。

お金に関する困り事を解決してくれる弁護士事務所です。

もちろん、フリーダイヤルの電話でまずは相談しましょう。

一口に債務整理と言っても、一人一人状況は異なります。

自己破産が一番簡単だと思っている人もいますが、社会的な立場が悪くなりますから、その後の生活に大きく影響してしまいます。

自己破産をしない手続きを弁護士に相談しましょう。

インターネットで検索すると債務整理や自己破産の内容の説明はたくさんの記事があります。

ただ、それを読んでも具体的な手続きはよくわかりません。

つまり、最初から弁護士に相談した方が早道なのです。

弁護士もいろいろなタイプの人がいます。

裁判などの事件を取り扱う人と、債務整理などのお金に関する手続きに詳しい人です。

債務整理ネットを運営している弁護士事務所はお金に関する相談をメインの業務としているのです。

もちろん、弁護士に依頼すればその分の費用が発生します。

そのお金さえ払うことができないと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、相談の結果、借金が減少してその中ら費用を払うのですから、トータルとしての出費は少なくなります。

そうでなければ誰も弁護士に相談しません。

毎月の給料が借金の返済に消えていく生活を続けているのなら、まずその状況を解消しましょう。

ローン地獄から抜け出すのです。

借金には利子がつきます。

つまり、放置しておけば借金は増えていくのです。

できるだけ早く解決することが重要です。

債務整理のメリット

毎月の借金返済で苦しい生活を続けている人は少なくありません。

浪費癖や不要なものをたくさん買い込んでしまうのです。

返済の当てのないローンを組んでしまうと、いずれは債務整理を行わなければならない事態になるでしょう。

もちろん、債務整理に至らなくても、苦しい生活は続きます。

債務整理の一つとして自己破産があります。

自己破産は法律で定められた手続きです。

借金はなくなりますが、財産もなくなります。

メリットとデメリットがあるのです。

ただ、終わりのないローン地獄から抜け出すために債務整理を選択する人もいるでしょう。

借金を返さないのですから、債権者に納得してもらわなければなりません。

その交渉は一般の人には荷が重すぎますから、弁護士に依頼することになるのです。

弁護士事務所の選び方も重要となります。

できるだけ少ない手数料で手続きを行ってもらいましょう。

インターネットで検索して見てください。

弁護士にも得意不得意があるのです。

借金返済に関して詳しい弁護士を選んでください。

債務整理の手続きが終われば、晴れて借金から抜け出すことができます。

法律で定められた手続きだとしても、債務者としての義務は果たさなければなりません。

借金を踏み倒すのとはわけが違うのです。

健全な生活に戻るためには、真面目に働いて確実な収入を得ることが重要です。

仕事の内容を選択することはできないでしょう。

社会的にも厳しい視線が待っているはずです。

ただ、家族にも内緒で手続きを進めることも可能です。

1 2