ローソンは適当にその語呂を付けたわけではないのだ。ケータイやスマホで「76682」があるボタンを見てみると、そこには英字が書かれている。「P」「O」「N」「T」「A」のボタンを押していくと「76682」になるのだ。つまり、「Ponta」の語呂はボタンの枠の意味が込められていたのである。

出典ローソンの Ponta の問い合わせ電話番号の語呂合わせがまったく「Ponta」と読めない件 | ロケットニュース24

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

なぜそうなった……無理がありすぎる語呂合わせ電話番号がちっとも覚えられない

よい風呂(4126)虫歯ゼロ(6480)など、電話番号を語呂合わせで覚えやすいようにしている企業をよくみかけます。が、中にはちょっと無理がありすぎる語呂合わせで攻めてる企業もあります。ウィンドウを閉じた後いくつ覚えていられるでしょうか。

このまとめを見る