1. まとめトップ

ダサくて高いが定番化!ユニクロの客単価だけ上昇中!10%値上げが響く

ユニクロが値上げを繰り返して客離れを加速させています。消費税の増税に合わせた形で10%の値上げを決行。客離れして客数が減少しましたが、値上げした分で売り上げを確保した形です。

更新日: 2015年12月15日

0 お気に入り 9030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

円安による原価高をカバーするため、2014年の秋冬商品を平均5%値上げした。2015年は平均で10%の値上げに拡大する。2年連続の値上げになる。

今年も秋冬商品を2年連続で値上げする。さらに客数が減少し、既存店の前年割れが続くのは避けられない状況だ。

値上げによる客単価増で客数減を補い、既存店の売り上げを維持するというソロバンを弾いた。

消費税増税前の前年と比べると、1990円(税込み)が1990円(税抜き)ですので、8%の値上げとなります。

2013年までは 期間限定値下げと言えば、1990円が1290円というのが非常に多かったです。これに対して、2014年は圧倒的に1490円中心です。

客足が落ち込んでいるユニクロ

既存店売上高が前年同月比でマイナスになる月が目立つようになり、客数の落ち込みも顕著となった。

労働者の実質賃金はマイナスが続いており、家計の購買力は下がる一方だ。消費者の懐が寂しくなる中での値上げは売上減に直結する

安いブランドのジーユーで補う

ジーユーは第3四半期だけをみても既存店売上高は2ケタ増収、計画を上回る増収増益を達成した。ユニクロを補完する事業に育っている。

ネットショップで買う若者も増えた

私個人がユニクロに行かなくなった理由ですが、服をネット通販で買うようになったのが大きいです。

ユニクロのファッションがダサい

モデルなら素材で勝負できるかもしれない

人(イケメン美女、流行りの人気タレント)は別、素材が引っ張ってくれるとカッコよく見えることもあるかもしれないからフツメンには通用しない。

今の日本はモールとかネットとかあるからムリ。チラシのモデル以上にかっこ良くなるわけがない

原材料費の高騰が背景?

消費があまり伸びない中で、原材料費だけが高騰する状況が続くと、同社の商品戦略そのものにも影響が出てくる。

価格があがったらならば、品質が上昇してもよさそうなものですが、ユニクロはそうではありません。広告などで有名になって客数を増やす戦略ではありますが、品質変わらずに価格だけがどんどん上がっていったのです。

1