1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mosnosさん

多摩川のシーバスを狙おう!

タマゾン川と揶揄される多摩川には、数多くの魚種が生息しています。
中でもルアーマン達を熱狂させるのが”シーバス”!!!!!!
シーバスは”鱸”の事です。主に汽水域を生息地としており、その生態はいまだ謎に包まれている部分も多いと聞きます。

多摩川で釣りをするには漁業券が必要

私はルアーしかした事がないですが、どうやら多摩川は組合さんが管理されているらしく、釣りをするには漁業券を買わないといけないそうです。
狙う魚種や、釣りをする流域によって、必要かどうかは変わってくるようですが、トラブルに巻き込まれたくないのであれば、購入しておく事をオススメ致します。

今回ピックアップしたポイントは ”多摩川大橋”

で、デカイ。大橋というだけの事はあります。ちなみにこちらは東京側からの写真ですかね。

多摩川ですと二子橋やガス橋付近がメジャーですが、ここ多摩川大橋は意外とアナで良かったです!
サイズはまちまちですが20cm~80cm、ヒットルアーは私の場合KURUKURUなどのスピンテールジグがほとんどでたまーにカットテールなどのワームもっとたまーにペンシル7cm。

東京側に着くとハゼ釣りのおじさんがいて色々話をしてくれました。11月くらいに1mのシーバスが2匹あがったとか。おじさんに橋のそばのポイントを教えてもらってキャスト開始!

メーター級があがる多摩川大橋。恐るべし!

1